2021年6月の電気代と太陽光発電の状況。エアコンの除湿、ふとん乾燥機、除湿機などを使用し始めて電気代は上がった?

2021年6月の電気代(2021/05/23~2021/06/22)が分かりました。

天気があまりよくない日が増え、梅雨前ではあったものの少しジメジメと感じる日もあり、エアコンの除湿運転や冷房運転をする日も増えました。

発電の量、売電量、電気使用量、いずれにしてもどうなるか…と心配していたのですが果たして?

延床31坪、2階建て、太陽光発電はPanasonic HIT 4.1kw。売電単価21円。

楽天でんき使用、ちなみに我が家はオール電化ではなく、ガスは都市ガス。

平日も休日もほぼ一日中誰かが在宅。南西向きの二階リビングは約23畳、勾配天井。サッシはアルミでLow-e複層ガラス(断熱タイプ)ですが、二階リビングの掃き出し窓2つと、一階の個室の腰高窓3つと、浴室の引き違い窓には、樹脂サッシのインプラス(内窓)が設置済。

二階リビングの南西側の掃き出し窓ふたつには、外側に「スタイルシェード」も設置してあります。

電気代は、やはり少しアップ。

2021年6月分の電気代(買電量・楽天でんき)は、7,226円(272kWh)でした。

※2021/05/23~2021/06/22の間

5月は6,108円(233kWh)、4月は5,700円弱、219kWh だったので、やはり少しずつ上がってきていますね。実際、エアコンや除湿機、ふとん乾燥機の使用頻度も増えていることを考えると、電気をたくさん使った認識があるわりにはそこまで高くなかったかも。

6月分の期間は2021/05/23~2021/06/22なので、むしろこの後の方が本格的な梅雨のため、湿気がすごく、エアコン除湿や除湿機を本格的にほぼ一日中、毎日行っています…そのため、7月の方が怖いかも。

太陽光の発電量や売電量、ガス代など

2021/05/23~2021/06/22の間の過去の天気データを見てみると、「晴れ」の時間があったのは14日間ほど。

曇りや雨の日が多いのですが、思いのほか発電もしてくれているようで、売電の金額もそこまでガクンとは下がらない様子。それはかなり助かります!!

2021年6月分

・買電量 272kWh7,226円の支払い) ※(2021/05/23~2021/06/22)

・消費電力量 491.9kWh (※太陽光発電による自家消費分を含んだ使用電力量)

・発電量 460.1kWh  

・売電量 249.8kWh(5,246円の収入) ※期間のずれがあるため7/15に実際に入金されたのは6,384円でした。

・ガス代 4,866円

※「買電量」以外は、6月1日~30日のデータなので、少しズレがあります。

5月もあまり天気がよくなかったので、6月もあまり発電量が変わらず(5月479.801kWh→6月460.1kWh)、

消費電力は5月が423.545kWh→6月が491.9kWhと、やはり60kWhほどは増えました。

5月と6月はあまり大きくは変わらない感じですね。

7月の方が、本格的な梅雨で、発電量が減り、除湿の使用も増えて、収支が悪くなりそうな予感がすごくしています…しかもガス式の浴室乾燥機もほぼ毎日使用しています…ガス代もかなり上がりそうで、ちょっと不安です!

昨年6月より電気代が半額に。

とはいえ、昨年の同じ時期に比べて、電気代がかなり安くなり半額以下になりました。

2020年6月の電気代 15,600円(570kWh)→ 2021年6月の電気代 7,226円(272kWh)

太陽光発電での自家消費量がなかなかの量のようです。それでいて売電収入も入るなんてなかなか良いなあと実感しています(笑)。

棒グラフが今年、折れ線グラフが去年のデータです。これから夏に向けて、折れ線グラフよりも棒グラフがどれだけ下回るのか?が少しだけ楽しみです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました