2021年4月分の電気代。太陽光(PanasonicHIT)の発電量が今月はすごい!初めて(電気代の)収支が黒字に。

4月度の電気代について詳細を記録。

太陽光発電を導入したのが昨年12月、まだ半年も経っていないのですが、4月度になってようやく収支が黒字になりました。

そもそも太陽光発電の搭載量が控えめ(4kW)で、5人家族で、高気密高断熱ではない普通の家なので電気使用量も普通に多く、黒字になることは全く考えていませんでしたが、1年のうち数か月でも黒字になる月があればやっぱり嬉しい!

延床31坪、2階建て、太陽光発電はPanasonic HIT 4.1kw。

楽天でんき使用、ちなみに我が家はオール電化ではなく、ガスは都市ガス。

平日も休日もほぼ一日中誰かが在宅。

南西向きの二階リビングは約23畳、勾配天井で体積大きめ。サッシはアルミでLow-e複層ガラス(断熱タイプ)ですが、二階リビングの掃き出し窓2つと、一階の個室の腰高窓3つと、浴室の引き違い窓には、樹脂サッシのインプラス(内窓)が設置してあります。

電気代が安くて驚き。

2021年4月分の電気代(買電量・楽天でんき)は、5,700円弱(219kWh)

こんなに安い電気代を見たのはいつぶりでしょうか…一人暮らしの時か、気候の良い時期のマンション暮らしの時以来かも。

もちろん太陽光発電での自家消費(200kWh弱ほど)もしているので、実際はもっと使っているのですが。

ちなみに昨年の同時期(4月)は1万4千円も電気代を払っていました(東京電力・太陽光発電なし)…。

1万円近くも安くなってしまったのでしょうか…驚きです。

太陽光の発電量や売電量、ガス代などは?

2021年月4分

・買電量 219kWh5,696円) 

・消費電力量 407.9kWh(※太陽光発電による自家消費分を含んだ使用電力量)

・発電量 602.1kWh  

・売電量 413.2kWh(8,678円の収入) 

・ガス代 約5,200円

3月は、消費電力量が526kWhあったのが、4月は400kWhほどまでに下がったので、やはりエアコンをほとんど使用しなくなると電気代は安くなるんだなあと実感しました。

そして発電量がすごい…!600kWh超えとは…!3月は488kWhだったのでかなり伸びています。

ちなみに導入前に作ってもらったシュミレーションでは、4月分の「推定発電量」が483kWh/月なので、推定を大きく上回っています。これは嬉しい!

そして売電収入は8,678円。電気代だけで見ると買電量(5,696円)を超えてくれました。

 

冷房を使う時期はどうなる?

すごく気になっているのが、これから冷房を使う時期にどうなるか?ということ。

リビングは南西向きで、一番暑いのは午後からですが、南東側のパネルなので、主に発電するのは午前中。

でも夏は太陽高度が高いので、午後までしっかり発電してくれるので、エアコンを使う分をしっかり自己消費でまかなえれば…昨年までよりもかなり電気代が浮いたりしたらいいな…と。

とりあえず梅雨の間は冷房よりも除湿をよく使うのですが、これもどうなるか?

5月・6月の電力収支の結果が今から少し楽しみ…ちょっと不安もありつつ…です。

※我が家がスポット的に使用している除湿機はこちら。デザインがシンプルでお手頃価格、除湿もしっかりとしてくれるので活躍しています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました