【ガーデニング】レースラベンダー、今年(2021年)の春も黄色くなる。ハダニ?根詰まり?植え替えに挑戦。

2019年秋に購入したレースラベンダーは、2020年の5月頃にすっかり黄色くなって、切り戻しをしてもダメそうで、枯らしてしまい、サヨウナラをしました。

そして2020年の9月下旬頃にも再度、まだ咲いていない状態のレースラベンダーの苗を2株購入し、なんとか花を咲かせることもできました。

冬越しもなんとか無事にできたようだったのですが、去年と同様、暖かくなるにつれて黄色い葉が増えてきて、心配に…!

どうにかして今年はうまく夏越しをさせたくて色々調べてやってみることにしました。

ハダニ!?

とりあえず咲き終わった花を剪定しないといけないよね…と思いながら観察していたところ、赤いとても小さな虫が一瞬見えました。

これは…ハダニかも!毎年、暖かくなってくると、コンクリートのところとかにも居て、何だろうと思っていたのですが、これがラベンダーにも悪さをしているのかもしれない。

※この赤い小さい虫は「赤ダニ」というそうです。植物にも悪影響がある可能性があるそうです…!

ということで、家にあった「やさお酢」をスプレーしてみました。

さらに数日後に、重曹とサラダオイルと水をまぜたものをしっかりとスプレーしておきました。

その結果、1週間後くらいに観察してみたところ、ハダニは見当たらなくなったようで、とりあえずホッとしました。

植え替えが必要!?

昨年購入した、ラベンダーの本で、4月あたりのお手入れについて再度お勉強。

すると、大切な情報が…!

3月、4月あたりで、鉢植えのラベンダーは植え替えをした方がよさそうだということ。

昨年もこの本を持っていたのに、面倒だからか、それともうちのラベンダーが植え替えが必要なほど根が回るはずがないと思い込んでいたためか、植え替えなんていうワードはスルーしていました。

ところどころ黄色くなって元気がないレースラベンダーを見ていると、これは、根詰まりかも…!と思い、鉢から一度出して植え替えをしてみることを決意。このときギリギリ4月中のことでした。

鉢底石ネットを通り越して根が回る…!

そっと鉢から株を上げてみると、なんと一番下の方で見事に根が回っていました(笑)。

しかもその根の上には、鉢底石を入れたネットがくっついていました…。鉢底石ネットを貫通してその下で根が回っていたのです!!驚き。

もう一つの小さい方の鉢も、鉢底石ネットの上で根が詰まっている様子で、これはイカン!という感じがしました。

鉢底石ネットを少し破いて、中身を取り出してみると、石の中にも根がたくさん入り込んでいました。

根を取り除いてから石をネットに戻して、再度鉢の下に敷き、新しいハーブ用の土を入れてから、

少し古い土を落としたり根を減らしたりした株を鉢に戻して、植え替え完了。

このあと、お花を剪定したり、少し透かし剪定?をやってみたりして、さらにさっぱりとさせました。

何日かは日陰に置いてから、また軒下に出す予定です。

昨年は、5月末頃にはすっかり真っ黄色になってしまい大失敗したので、今年はなんとか、少し元気を取り戻してくれるといいな…!

しかしこんなに根詰まりを起すほどしっかりと成長してくれていたとはビックリです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました