2022年4月・5月の電気代。やはり昨年よりも高い…

2022年2月・3月の電気代も、昨年(2021年)に比べて高くなっていてどよーん…としたのですが、

4月・5月もやはり…高くなっていました(涙)。

 

地域区分「5地域」に在住。築3年、延床31坪、2階建て。

太陽光発電はPanasonic HIT 4.1kw。売電単価21円。

楽天でんき使用、オール電化ではなく都市ガス利用。浴室乾燥機はガス式。

平日も休日もほぼ一日中誰かが在宅。南西向きの二階リビングは約23畳、勾配天井。

サッシはアルミでLow-e複層ガラス(断熱タイプ)ですが、二階リビングの掃き出し窓2つと、一階の個室の腰高窓3つと、浴室の引き違い窓には、樹脂サッシのインプラス(内窓)が設置済。

 

2022年・2021年の4月と5月 電気代と使用量比較

我が家は2020年6月から「楽天でんき」使用中です。

2022年4月の電気代→9,702円  使用量302kWh

2022年5月の電気代→8,008円  使用量245kWh ※2022/04/23~2022/05/22の使用量

エアコンをあまり使わない時期だったはずなのにちょっと高いかなあ?とは思いつつ、昨年と比べてみると…

2021年4月の電気代→5,685円  使用量226kWh

2021年5月の電気代→6,108円  使用量233kWh

おお…4月に関しては、昨年は使用量もかなり今年よりも少ないし、電気代もかなり安い…

5月は、今年と昨年で使用量はそこまで変わらない(今年のほうが少し多いけれど)のに、電気代は2000円近くも高い…!

ちなみに、楽天でんき、基本料0円、単価が26.5円というのは昨年と変わっていないのですが、やはり燃料調整費と再エネ賦課金が…

燃料調整費は昨年5月は単価「-3.64円」だったのが今年は「2.74」

再エネ割賦金は昨年5月は単価「3.36円」だったのが今年は「3.45」

やはり燃料調整費がかなり影響しているようです…。

我が家の節電は…

暑くなりやすい我が家の二階リビングでは、どうしてもエアコンは必須なんですが涙、なるべく電気を使わないように、扇風機を併用したり、工夫したいと思います。

もちろんバルコニーではスタイルシェードを必ずおろして、日射遮蔽に努めています!

でも最近、サブの冷凍庫も買ったし、最近は寝室とその隣のウォークインクローゼットの除湿機もほぼ常に稼働させているので、また電気代が上がってしまうんだろうなあ。

どこを節電しよう?やはり食洗機の乾燥機能をあまり頻繁に使わないようにするとかかな…と考えています。(でも今朝は洗い機能も使ってしまったよ!気を付けないと!)

洗濯もできるだけまとめて洗うとか…(でも1日の洗濯物を全員分一気に洗うと、多すぎて、洗濯機が脱水中に何度もエラーで止まってしまう涙。買い替えか…!?)

そしてもうすぐ15年経つ、キッチンのメインの冷蔵庫も、省エネ機能のことを考えると買い換えたほうがいいんだろうなあ。ちょっと検討…じっくりと検討したいと思います…!

ちなみに売電は…

ちなみに我が家の4.1kWhの太陽光発電の売電状況は?

2022年4月の売電収入(5月半ば振り込み)→6,993円

2022年5月の売電収入(6月半ば振り込み)→6,090円

4月半ば振り込みの2022年3月の売電収入が7,476円だったので、あれ、ちょっと減ってしまったかな?おそらく、昼間の自家消費も増えているせいかな?という気もします。

ちなみに昨年はというと…

2021年4月の売電収入(5月半ば振り込み)→8,678円

2021年5月の売電収入(6月半ば振り込み)→6,699円

おお…売電収入も昨年のほうが多い…!これは地味にショックですね。

まあ太陽光の収入は、自然にも左右されるので仕方ないですが…

なるべく節電にも心がけていきたいなあと思った次第です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました