【よかった】注文住宅。3年近く住んで気に入っているところ。満足している部分。

注文住宅を建てて3年近くが経とうとしています。

4年前、当時住んでいた家を売却してまで住み替えをするかどうか、ととても迷った末に決断したこの注文住宅ですが、これまで書いてきた通り、後悔している点はたくさんあります。

でも、建てて良かった、こうしてよかった、気に入っているという部分もいくつかあって、本当にあの時決断をしてよかったな…と思っています。

3年近くが経って、「よかったなあ」と改めて思う点はどんな点なのか?を記録しておきます。

家に帰ってきたときの嬉しい気持ち。

まずは外から家に帰ってきた時の感情が、前に住んでいた時と比べてポジティブなものになったこと。

外観なんて家に帰ってきた時だけ少ししか見ないんですが(笑)…良かったなと思います。

外観

今の家では自分の好みの外壁、好みの形、好みの玄関ドアなどを選ぶことができたので、

外から帰ってくるたびに「好きな外観!かわいい」と満足することができています。

もちろん、もっと素敵なオシャレなお宅はたくさんあるし、我が家なんてとても小さくて、見る人によっては小さすぎるし、狭すぎる、かわいくもなんともない家かもしれません。実際、住宅密集地で狭苦しい場所にぎゅうぎゅうに建っているし。

でも私的にはとてもかわいく見えるし、がんばっているガーデニングのおかげもあって庭先もそこそこ華やかで、外壁と玄関ドアの色合いも気に入っていて、全体的にシンプルな形もとても気に入っています。

広めの玄関

そして玄関は、家の大きさの割には贅沢な広さで(その分個室が狭くなってしまったのですが…)、荷物の多いときも、家族全員で帰ってきたときも混雑せず、快適です。

シューズボックスも大きめにしたし、土間収納も1畳だけですがあるので、こまごまとしたものもすっきりと収納できて本当に助かっています。

ガーデニンググッズやアウトドアグッズ、運動会グッズ、子どもの外遊び用のおもちゃの他にも、傘やカッパ、靴のお手入れグッズ、流しそうめんの竹など、本当にたくさんのものが収納されていて、土間収納がなかったらどうなっていたんだろうと不安になるほど。

外から帰ってくるたびに、玄関を広めにしてよかったなあと感じています。

リビングの開放感

外から帰ってきて、それと比べて家の中が暗くて閉塞感があるよりは開放感があった方が気持ちがいいかも。

もちろんちょっと暗くて狭いくらいの方が落ち着くということもあるかもしれません。

でも我が家は5人家族なのもあって、リビングが開放感があり、日当たりもよくて明るいというのはとても気持ちよくて気に入っています。(二階リビング・勾配天井・約24畳)

夏の暑さや冬の寒さという問題は大きかったのですが、「スタイルシェード」「内窓」などの工夫のおかげで少しずつ解決されつつあります。

住み心地。

家の中で不満な点はもちろんたっくさんあるのですが(笑)、

住みやすさもやっぱりあって、3年近くが経った今もしみじみと感じます。

洗濯の導線がやっぱり良い!

二階の洗濯機で洗う→リビングのホスクリーンに仮干し→外(バルコニー)に出す

→バルコニーからホスクリーンへ取り込む→畳んで二階のWICにしまうor脱衣所の着替えBOXにしまう。

とにかく洗濯の導線がよくて、干すのも片づけるのも楽です。

雨の時は浴室乾燥機(ガス式)で強力に乾かせるし、それももちろん2階なのでとことん楽です。

ファミリークローゼットやニッチが便利。

リビング階の2階に設けた小さめ(1.5畳くらい)のファミリークローゼットは毎日大・大・大活躍。

1階の大きめのファミリークローゼットは季節外れの衣類の収納に活躍。

トイレや洗面所、脱衣所、リビングのあちこちに設けたニッチもとにかく活躍。

特にトイレのニッチは本当にあってよかった…と思います。

女性はこまごまとした作業が多いですよね。このニッチは座ったままで手が届くので本当に便利なのです。

脱衣所でも同じく、入浴前後のこまごまとした作業に、ニッチが大活躍です。

好みの設備。

他にも、深型の食器洗い乾燥機、一階掃き出し窓の電動シャッター、リビングの建築化照明、リビングなどにあちこち作ったカウンターなど、

好みの設備をいろいろと入れることができたために、毎日、便利さと満足感を感じています。

愛着が湧いてきた。

引っ越しの多い我が家、新しい環境にもすぐに慣れることができるたちなので、住んですぐに「ここが我が家!」という感覚はあったのですが、3年近くが経って、やはり愛着は深くなってきています。

外から疲れて帰ってきたときにリビングでごろりとするのがホッとするし、寝る部屋は狭くて日当たりは良くないですがその分リラックスできるし…。

こまごまとした不満や後悔点はたくさんあっても、それも含めてもやはりここが、一から自分たちが選んで建てた唯一の家だなあと感じる日々です。

ご近所の方も本当に良い方ばかりというのも恵まれているなあと感じるところです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました