ショック!「アブラムシ」の襲来。新しいパクチー(コリアンダー)やミント、ハーブがピンチ!?ブルーサルビアも…。

育て始めてまだ一週間のハーブ(パクチー・ミント)と、

夏に二階リビング隣接のバルコニーでプランターに植えたブルーサルビアが、なんと、アブラムシの襲来に遭いました…!ショックです。

パクチーの苗、しっかりとしているけど…異変が。

一週間ほど前に、ホームセンターで198円で購入したパクチーの苗。

虫に遭わないよう、室内で、南側の窓際で育てていました。

しっかりとしていて、葉も元気そうで、毎日(食べる日を期待して)わくわくしながら観察していたのですが…。

今朝、よくよく見ていると、なんだか異変が。コレは…怪しいです。

アブラムシ、よく花の栽培に関する本とかを見ていると写真で見るけれど、実際に見たことはなくて…。

自信がないけれど、これはきっとアブラムシではないか…?という予感が。

他の葉もよく見てみると、葉の裏にブツブツが。

もっと分かりやすい写真もあったのですが、ちょっと気持ち悪いので自粛します(笑)。

ティッシュや指でこすり落としておきましたが…

室内でも虫にやられるとはショックだしとてもマズイ、対策をしなければ!

※ティッシュや指の他にも、粘着力がやさしめのテープで捕獲したり、歯ブラシでこすり落とすという方法も。

アブラムシ対策。

対策①アルミホイルを周りに置いてみる。

アブラムシは反射光を嫌うそうで、アルミホイルを周りに置いてみると、アブラムシ除けになるのだそう。

でも、すでにアブラムシが発生してしまっているので…遅いのかも。

対策②木酢液をかける。

木酢液も、アブラムシ除け対策になる可能性があるとのこと。

すでに発生してしまった後はあまり…という情報もありましたが、とりあえず、木酢液が家にあったので、薄めたものをあげてみました。

アブラムシなどの虫が、木酢液のにおいを嫌がるそうです。

対策③牛乳をふきかける。

これはやってはいないのですが、牛乳を薄めるかもしくは原液のまま、スプレーをして、しばらくしてから水で洗い流すと、アブラムシを退治できるそうです。

牛乳をかけられると窒息してしまうとか…すごい。

対策④「やさお酢」をかける。

ずっとドラッグストアで買おう、買おうと思っていた「やさお酢」。

クーポンで安く買える日を待っていたら、案の定、先に虫にやられてしまったという…しまった!

「やさお酢」は、収穫して食べる植物にも安心して使えるし、「ハーブ」も適用植物になっているので安心です。

吹きかける時、ちょっとお酢のにおいがしますが、かけてしまえばそのあとは気になりません。

ハーブの苗を買ったときに、一緒にホームセンターで買っておけばよかった…!

ちなみに、ミントは今のところほぼ問題なさそうでしたが、ちょっと怪しげな感じもしたので、念のため少しやさお酢をかけておきました。

これで、虫に負けず、しっかり育ってくれるといいのですが…。

ブルーサルビアにも…アブラムシ。

夏に茶色になってしまった部分があって、水やりが足りなかったかな…というところから一度復活したように見えた、バルコニーのプランターのブルーサルビア。

最近、また花が茶色くなるなあ、そろそろ終わりかなアとは思っていたのですが、よく見ると、居ました…これぞまさしくアブラムシ。

(※写真は自粛します※)

ブルーサルビアは、だいたい10月くらいまでだよねと思っていたので、この機会に処分することにしました。

酷暑を乗り越えて、何度も咲いてくれてありがとう!

でも、もう買わないかも…(笑)。

お隣のニチニチソウには、見たところ虫は全くつかず、本当に強いなあと感心するばかりです。

それにしても、最初の頃は、虫がいるだけで本当に気持ち悪くてワーワー言っていた私ですが、ヨトウムシらしき幼虫やら、オリーブの木に居たスズメガの幼虫やら、土の中にいたコガネムシ?の幼虫やら、色々見ているうちに、だんだん免疫が付いてきて、割と強くなってきました!それはちょっといいことかもしれませんね。ガーデニングで、食べ物だけではないものを収穫できたようです(笑)。

タイトルとURLをコピーしました