やっぱり、リビングにエアコン用の「コンセントを増設」したい!分電盤から屋根裏を使って隠蔽配線ができる!?

二階リビング、南西向き、しかも勾配天井の我が家。

住んでから初めての夏、思った以上に夏場が暑く、容量不足のエアコンを買い替えるか、もう1台付け足したい…と動き出しました。

しかし、二階にはエアコンのコンセントを1つしかつけなかったため、エアコンを2台付けることはあきらめて、

1台だけあった古い18畳用のエアコンから、大きな29畳用のエアコンに買い替えました。

しかし、やっぱり「リビングに2台エアコンを付けたい」という希望があきらめきれず、

改めて電気屋さんに相談した結果、やっぱりもう1台エアコンが付けられそう(エアコン用コンセントが増設できそう)という見通しが立ちました…!

エアコンは専用のコンセントが必要。

エアコンのコンセントは、分電盤から直接、エアコンのためだけに引かれた、エアコン専用のコンセントを使わないといけません。

近くにある普通のコンセントを使ったり、延長コードを使ったりするのはNG。

そこで、もしエアコン用のコンセントが足りない場合は、

エアコンを付けたい場所まで、分電盤から直接、壁伝いなどで、配線を伸ばしていく必要があります。

そのため、隠す場所(屋根裏など)がない場合は、壁や天井に配線が露出してしまう…という可能性が高く、見た目が悪くなってしまいます。

新築なのに配線が丸見えでは…ということで、我が家も昨年はあきらめてしまったのでした。

幸い、分電盤がリビングと同じ階。すぐそばに天井点検口。

昨年はあきらめたのですが、やっぱりあきらめきれず、ネットでいろいろと検索して調べてみてから、電気屋さんに相談した結果、「配線を隠しながらエアコン用コンセントを増設」できそうです!

分電盤が、コンセントを増設したい二階リビングと同じ階にあったこと(我が家の場合は洗面台の上)がまず幸いしました。

そして、分電盤のすぐそばに、天井点検口があったことも幸いでした!

屋根裏を通って隠しながら配線を伸ばし、建築化照明の部分から配線を出してコンセントを増設し、そのそばのダイニングの壁にエアコンを付ける、という計画です。

電気屋さんの工事担当の人に下見に来てもらった結果、これならできますねと言われました!

※少し壁に穴を開けることになるのでハウスメーカーにも確認を取ってから施工してもらう予定です。

やっぱり2台目が欲しい理由。

29畳用のエアコンなのでとてもパワフルだし、夏場は室外機を(シェードやすだれなどで)しっかりと日陰にしてあげれば、猛暑日もちゃんと部屋の中を冷やしてくれます。

でも、もしこの1台が壊れたら、とても大変なことになってしまいます!

特に、壊れやすそうな夏場は、電気屋さんも混雑していて、なかなかすぐには駆けつけてくれないでしょう…。

また、家に私しかいない時とか、ダイニング側・キッチン近くだけを冷やしたり暖めたりしたい、という時もあるし…。

今さら2台目を追加するのはちょっと悔しいですが、1台が壊れてしまったときのリスクや、ダイニングとキッチンだけを冷やしたい・暖めたいいう時に活用したいので、やっぱりエアコンを追加しようと思っています。

コンセント追加についてもっと可能性を探ればよかった…。

昨年あきらめてしまった原因がいくつか思いつくので、次回の記事に続きます(笑)。

家しごと。
失敗!?リビングにエアコンを二台付けるのをあきらめて後悔。設置場所はこことい...
https://ieshigotoo.com/airkonconsentzousetsu2/
前回の続きです。エアコンが壊れたときの保険と安心ため、そしてダイニング・キッチン側を冷やしたい・暖めたい時のために、リビングに二台のエアコンを付けたいけれど、エアコン用コンセントが一つしかない…。でも今回、エアコン用のコンセントを増設できそう、とい...

もっと言うと、建てる時に、二階にエアコンコンセントをもう一つくらい追加しておけばよかった…。

これは本当に何度言っても足りないくらいの後悔です…(笑)!

タイトルとURLをコピーしました