秋のお庭のお手入れ…落ち葉が飛んできたり落ちたり…。お掃除が欠かせない。

2021年秋。今年は秋があまりなく、暑かったのが急に寒くなったなあと思っていたのですが、ここ最近は気持ちよい秋だなあと感じることも。

秋といえば…落ち葉ですね。

我が家の庭にも落ち葉がたくさん飛んできたり落ちたりで、毎日の掃除に追われています。

自分の家の植物の落ち葉。

我が家のシンボルツリーのオリーブは常緑樹なので、紅葉したり落ち葉になって落ちたりはほとんどしません。

時々、栄養不足か何かで黄色くなってしまったり、虫にやられたりして枯れて落ちることはありますが、掃除に困るほどではありません。

我が家の植物で、掃除にちょっと困るものの一つが、もう植えてから3年が経ってもとにかく元気に増殖を続けている「ハツユキカズラ」。

日焼けか枯れたかで、茶色になり、風で落ちることが時々あります。

花壇のキワ部分に植えているので、花壇のブロックの上や、その下のコンクリートにたくさん散らばっている日があります。

夏の強い日差しのせいか、秋頃になると特に増えるような気がします。

ハツユキカズラを軽く手でパパっと撫でてみると、たくさんの茶色になった葉っぱが落ちてきます。

けっこう小さな葉っぱなので、ほうきと塵取りで掃除をするのも、ちょっとだけ大変です。

あとは鉢植えの「チェリーセージ」も、けっこう葉っぱや花がらが落ちてきます。

赤いお花が、玄関ポーチに落ちて、赤い色素がポーチについてしまったこともありました…。

でも、便利グッズ(「アズマ 外構・玄関ブラッシングスポンジ」)のおかげで、すぐに消えたのでよかったですが。

このスポンジは、玄関ポーチや土間などで、なかなか消えないシミや汚れが、スッキリと落ちてくれるので、本当に重宝しています。

 

また、鉢植えのレースラベンダーも、花が終わった後の花がらがポロポロと落ちたり(秋に限らずかも)、同じく鉢植えのポーチュラカも、花がらが下のコンクリートにポロポロ落ちます。

けっこう細かいので、毎日の掃除が何気に…大変です(笑)。

ご近所からの落ち葉も。

明らかに我が家のものではない大きな葉っぱなどももちろん、たくさんやってきます(笑)。

外構のちょっとした凹んだ場所にたまりやすかったり、ブロックとブロックの間の隙間にも入り込みやすくて、日々掃除が必要…。

でも我が家の外構・庭はとてもこぢんまりとしていて、大した範囲ではないので、そこまで苦痛ではないです。

でも、つい溜めると大変なことになるので、こまめに毎日続けることが大事かなあ…という気がします。

また、隙間に入り込んだ落ち葉でなければ、風でいつの間にか飛んで行ってしまうことも多いので…(笑)、あまり目くじら立てず、適当に「これくらいでいいっか」という感じでやり過ごしています。

落ち葉問題はお互い様…とはいえ何も植物を植えていないご家庭もあるので、こちらからの落ち葉がなるべく行ってしまわないようには気を付けたいなあ、気を遣っていたいなあとは思っています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました