クリスマスリースはいつからいつまで?ハロウィンが終わったらもう飾っていいの?まだ早い!?

毎年、近所の家の玄関扉に、クリスマスリースが飾られるのを見ると、ちょっと気分がウキウキします。

クリスマスや年末が、もう近いのかと驚いたり、クリスマスに向けてのワクワク感を感じたり…。

我が家も、周りがリースを出しているのを見て慌てていつもリースを出すのですが、いったいいつから飾るのが正解なの…?と疑問に思ったので、調べてみました。

※このクリスマスリース、とてもボリューミーで、色合いもきれいでステキです…。

リースを出すのは、まだ早い!

どうやら、クリスマスリースは、11月30日にもっとも近い日曜日に飾り始めるのが正解、なんだそうで…全く知らなかったのでびっくり。

スーパーマーケットやディズニーランドなんかだと、ハロウィンが終わったらもうクリスマスに向けての飾りやイベントが始まったりするので、

なんとなく、ハロウィンが終わったらもう飾っていいのかな~なんて思っていたのですが、大間違いでした(笑)。まだ飾らなくてよかった…!

今年(2019年)は、12月1日。

2019年は、11月30日にもっとも近いSundayは、12月1日(日)なので、12月に入ってから飾ると覚えて置けば間違いなさそうですね。

ただ、年によっては、12月1日ではまだちょっと早い年もある(12月2日や3日が日曜日の場合)ので、気を付けないといけないかなと。

いつまで飾る?

本来は(キリスト教では)、なんと2月2日まで飾るとか…アメリカでは1月6日までが一般的になっているとか…、調べるといろいろな説が出てきましたが、

日本では、やはり、クリスマスが終わると外すのが普通なのかな…という感じのようです。

我が家も毎年、12月26日の朝にはさっさと片づけていましたが、日本ではどうやらそれでいいみたいです…ちょっとホッとしました。

我が家のリースは、昔私が手作りしたもので、あまり長期間外に出しておくと、傷んでしまいそうなので…。12月はじめから12月25日までという期間がちょうどよいような気がします。

リースフックがない我が家は何で飾る?

玄関ドアを選ぶときに、デザインによっては、上の方にリース用のフックが付いているものもありました。

でも、我が家が選んだのは、フックがないドアで…。でも、アイアンの格子を使えば、割と簡単に、付けることができました。

我が家のリースは、針金が付いているので、その針金を格子の上の方に巻き付けてしまうのです(笑)。

でも本当は、ちゃんとしたフックが付いているドアがよかったかな…。

もしくは、ちょうどよいフックを付けてしまう、という方法もあります。下のような商品なら、粘着テープ跡も穴も残らなくて手軽そうでいいですね!

まとめ。

日本では、クリスマスリースを飾るとしたら、「12月の最初の日曜日から、12月26日朝まで」と覚えておくのが、安心安全?かなと私は結論づけました!

ご近所さんから浮かず、変に思われないように、飾る時期にはちょっと注意したいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました