PR
住まい・暮らし後悔・失敗注文住宅【成功・失敗】まとめ

注文住宅、「照明」の失敗・後悔がたくさん…!

記事内に広告が含まれています。

これまでも、照明スイッチの位置の後悔などを書いてきましたが、今回は「照明」の後悔に関してスポットライトを当てて、まとめておきたいと思います。

わが家の数々の「照明の後悔・失敗」

①寝室のダウンライト、昼間に使うと少し暗い。寝る時には明るい。

時々、にテレワークや読書のために寝室に行くと、最大の明るさにしてもちょっと暗く感じて不便です…。

夜寝る前とかには十分な明るさなのですが、昼間にパソコンや書類を見るにはちょっと足りない感じです。

そのため、手持ちのLEDスタンドライトで補助する必要がありました。それでも暗くて、友達とオンライン同窓会をするとき、私だけ暗くていまいちでした笑。

ただしこの寝室の照明については、調光ができるのが便利で、しかも暗め・明るめの2種類のともし方があって便利ではあります。(スイッチの位置はいまいちだったのですが…)

さらに、一番暗い光の強さにしても、夜寝る時にはちょっと明るく感じてきてしまいました…。

②リビングのダウンライト。調光機能は必要なかった?調色機能も…

リビングの天井には、ダウンライトを付けて、しかも調光も調色もできるタイプにしました。

でも、天井が高すぎて、メンテナンスの時(電球の交換など)が大変だろうし、おそらく費用も余計にかかるのでは…!手が届きやすい範囲内にダウンライトをつければよかったです。

そして、調光・調色ができる機能も、実際はほとんど使わないので、いらなかったかもしれません。

<調光・調色機能はいらなかったかも?の記事>

③天井の高い部分に「シーリングファン」を設置したかった

空気をかきまわして偏りがなくなるようにするために、またおしゃれにするためにも、本当は、天井の高い部分にシーリングファンを付けてみたかったです。

広く見えなくなってしまいそうだし、ほこりがたまりそうだしやめておこうか…とした気がしますが、後悔しています。

④階段に付けた照明、デザインがいまいちだった

階段が狭いので、なるべくでっぱりのないものを、そしてなるべく安いものをと選んだら、ちょっとデザインがいまいちだったかな…と後悔。

⑤対面キッチン上にペンダントライト、つけておけばよかった

どれにするか決めきれず、あとからペンダントライトを付けられるようにしてもらいましたが、面倒で結局設置していないので、最初からつけて置けばよかったです。(ない方が地震の時に揺れたり割れたりという心配がないので良かったとも言えますが…)

⑥人感センサー照明のトイレ、ちょっと使いづらさが

2階のトイレは、子どもたちもよく使うので、人感センサー照明にしたのですが、トイレ内でじっと座っていると消えてしまう…!

なのに、トイレから出た後もしばらくついているし、

ドアを換気のために開けっ放しにしていると、人が前を通るだけで電気がついてしまう…!

⑦1階のトイレの照明、夜まぶしすぎる!

1階のトイレは、寝室の近くにあって、私が夜中にトイレに起きて使うことがよくあるのですが、夜中だと照明の明るさが強く感じてまぶしいし、寝れなくなってしまいそう…!

⑧外構の照明が足りなかった…!

庭はとても小さいので、玄関ドア外の人感センサー照明と、機能ポールの照明で十分だと思っていたのですが、足りなかったです。

機能ポールのダイヤルを合わせる時、暗くて見えないし、おしゃれなライトアップもしたかった…!

⑨バルコニーの照明、消し忘れが多発

バルコニーにある照明を付けたまま消すのを忘れてしまうことが多発しています…。

照明の「スイッチの位置」の後悔は別記事で

スイッチの位置の後悔は、また別の記事で色々書いていますので、参考にしていただけると、失敗が少しでも減るかもしれません…!

※注文住宅の全体的な後悔のまとめ

※注文住宅でよかったところまとめ

error: Content is protected !!