記事内に商品プロモーションを含む場合があります
リフォーム・内窓暮らしのアイディア

ダイソーで購入した「すきま風防止シート」を、リビング脇の畳コーナーの地窓に設置してみた!

2022年12月、ダイソーをちょっと散策していると、「すきま風防止シート」なるものを発見し、ちょっと興味本位で買ってみました。

サイズ的に、リビング脇にある畳コーナーにある、2つの横長窓に合いそうだなと思って興味を引かれました。

いかにもアルミ!という風貌なので、見た目がちょっと心配ではあるにしても、2つある横長窓のうち床と同レベルにある「地窓」の方は、こどものおもちゃや簡易机などでほぼ隠れて機能していないので笑、アルミを設置してもほぼ目立たないのでは、とふんだのです。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

ダイソー「すきま風防止シート」

商品のサイズ

購入したのはこちら。

サイズは30㎝×2mと、かなり横長サイズです。

引き違い窓や掃き出し窓の場合も、下の方をこの商品でカバーすると、すきま風が軽減されるんだと思います。

ダイソー すきま風防止シート2m脱着テープ付き

設置する窓→36㎝×110㎝の横長窓

我が家はとりあえずいっそのことふさいでしまいたいなあと思っていた笑、こちらの横長の地窓に設置してみます。サイズはたて36㎝×横110㎝の窓です。

2mはさすがに長いので、110㎝プラスαくらいの長さにカットして使用します。

残ったものは取っておいて、他の窓に設置してみようかなと。

両面テープで「すき間風防止シート」を設置

ついてきた粘着テープは使わずに、両面テープでつけてみた

商品には、べりべり!とはがすことのできる「脱着テープ」(マジックテープみたいなもの?)がついていましたが、

なんとなくそれではなく、一緒に購入したダイソーの両面テープでくっつけちゃえ!と思い、アルミサッシの部分に両面テープを貼って、適当な感じで貼り付けました笑。

両面テープは粘着力が弱いかもしれませんが、まあ地窓だし、外れたりしてもあまり問題ないので…。

こんな感じになりましたが、この前の部分には子供のシルバニアのおもちゃや、木製の簡易机などいろいろと置かれてほぼアルミ部分は見えなくなってしまったのでご安心ください(?)。

本当は透明タイプとかの方がよかったんですが、本当に隠れてしまうような場所はこれで十分です。

付けてみて感触は?

もともと、「アルミサッシ+Low-e断熱複層ガラス」のこちらの窓。

FIX窓なので、ほぼすき間風などは入ってこないと思うのですが、アルミサッシだし、サッシ部分を触ってみるとやっぱりひんやりとします。

その冷気が床に伝わって少し冷えるかも…という気がこれまではしていました。

この商品を設置した結果、少し足元の寒さが軽減されたかも、と実感しています。

もしかしたら引き違い窓の部分に設置した方が違いが分かりやすいのかなと思ったりもします。

でも、110円で少しでも快適になるならコスパよし!と思っています。

一度引き違い窓にも設置してみたいのでもう一つ買ってみてもいいかも。

普通のアルミシートでもOKだと思いますが、この横長サイズがわりと色々な窓に対応させやすくて使い勝手がいい気がします。

追記:その後、冬が終わってから、やっぱり少し見た目が気になったのではがしてしまいました。

短期間だったためか、両面テープをはがす時も問題なく剥がせました。

error: Content is protected !!