2020年秋、エアコン(暖房)はいつから付ける?勾配天井の二階リビングの我が家。秋でも朝冷える日が…。

勾配天井の二階リビング(南西向き)の我が家、夏の暑さ、特に午後はものすごくて、

エアコンを大きなものに買い替えたり、補助用の二台目エアコンをコンセント追加工事してまで付けたり、シェードやよしずを買ったりと、暑さ対策に追われてきました。

しかし!秋になり、一日雨が降ってとても寒い日の朝は特に、リビングが冷え込む日もあって…。

暖房を付ける目安の室温は?

ネットで調べていると、だいたい20℃を切るくらいからが暖房使用を考える目安になるようです。

ただ、15℃から18℃くらいまでは、暖房を使わず、着るもので調整したりする人も多いようです。

中には、10℃を切るまでは暖房を付けないという人もいるし…

やはり寒さの感じ方には個人差があるし、他の条件などもあって室温だけでは決められないのかも。

我が家の場合。

2020年10月、今年の秋は、夏が急に終わって急に秋が深まった感じで、台風の影響でしばらく雨が続いて寒い日も続いたり。

そのため、外気温の最高気温が20℃を下回った2日間ほどだけですが、朝方だけ軽く暖房を付けた日がありました。

29畳用の大きなエアコンではなく、サブで付けた14畳用のエアコンで、21~22℃設定くらいにすれば十分なくらいでした。

最高気温が18℃とかの日でも、室温は20℃を下回ったことはなく、朝でも22℃から23℃くらいもあったのですが暖房を付けてしまうとは…ちょっと贅沢ですね(反省)。

しばらくすると暑くなるので、すぐ切りたくなってしまうし(笑)、付けていたのはほんの1,2時間ほどだけでしたが…。

やはり勾配天井でとても天井高があるせいか、座っていると特に腰回りが冷えてくるのです。

二階リビングなので、以前住んでいた家の一階リビングのようなひどい底冷えは感じないのですが、腰回りの冷えとは…何故でしょうね。運動不足と筋肉不足かな(笑)。

毛布や羽毛布団でもぐるぐる巻いてみれば暖房はまだまだ要らないかもしれないので、やってみます。

もしくは、ミニサイズのホットカーペットの出番かも?

※じっと座っていると冷えを感じますが、掃除したり料理したり片づけをしたりと動き回っていると冷えを感じないことが多いです。

暖房は、だいたい11月以降?

10月はほぼ暖房の出番はナシ、でも11月に入ったらおそらく、朝は少し暖房が必要になるのかもしれないなという気がします。

ちなみに昨年書いた記事を見ると、11月に入ると、朝だけ2時間ほど軽く暖房を使う…と書いてありました(自分でもそうだったのかーと思う(笑))。でも午後になり日が差すと暑くなるくらいで、それから夜寝るまでほぼ暖房は不要。たまにとても寒い日は、夕方以降にも暖房が欲しくなる時もある…という感じだったようです。

今後、またしばらく雨続きで寒い日が続くようなので、随時追記していきたいと思います。

※下記事にて追記しています。

タイトルとURLをコピーしました