リビング学習のために、電動鉛筆削り器「ソニック フリーキー」を購入!商品レビュー、感想。

リビング学習のために、必要性を感じてとうとう購入することになった電動鉛筆削り器。

どの鉛筆削り器にしようかと色々と検討したのですが、結局購入したのは「ソニック」の「フリーキー」という商品です。

Amazonで頼んで数日後に届いたのですが、使い勝手やデザイン性などについて商品レビューをしてみたいと思います。

思った以上にコンパクト!

届いた箱は、思った以上にコンパクトでしかも軽かったです。

上部のフタをひねって開けて、単三電池を4本入れます。電池が長く使えるといいのですが…。

カバーをちょっとだけ回してロックを解除すると、えんぴつを差し込む穴に、えんぴつを差し込めるようになります。

ふつうに家にある鉛筆を差し込んでみると、すぐに削られ始め、削り終わった頃にはピタリと止まりました!

今までよりちょっと細い感じがしますが、しっかりと先がとがって出てきました。

小学生が使ってみると?

小学生の息子が使ってみると、一瞬で削れてしまうので、普段はクールな子なのですが(笑)ちょっと興奮しながらにやけていました!

いつもは何分もかかっていた鉛筆削りが一瞬で済むようになった…!と喜んでいます。

カバーをずらし、上から鉛筆を挿すだけで、削り終えたら自動でストップしてくれるので、何も難しいことはありません。

毎朝のえんぴつの準備が楽になってよかったです!

※ちなみに、削るときは、本体を押さえないと、本体がえんぴつを中心にしてぐるぐる回ってしまいます笑。必ず片手で本体を押さえながら削りましょう…。

くもんの三角鉛筆は?

くもんの三角形のえんぴつはちょっと太めなので、今まで使っていた手動のえんぴつ削りでは削れませんでしたが…。

この電動鉛筆削り器もやはり、太い鉛筆は入りませんでした、残念。

その代わり、鉛筆を差し込む穴が、細いものしか入らないので、子どもが指を入れてしまう危険性もちょっと低くなるかなと思います。

色鉛筆は?

子どもがよく使う色鉛筆も削ってみました。

これも少し細くなってしまいましたが、しっかりと削れました!これで、何本もある色鉛筆を削るのもラクになります…!

デザイン性は?

我が家のリビングにあるカウンターは、子どもが勉強する場所として大活躍中です。

そのカウンターの端に、この鉛筆削りを置いてみました。

とってもスッキリとしていていい感じです!

前は下の写真のようにピンクのすごい色の手動鉛筆削りを置いていたので、それに比べたらずっと良いと思います(笑)。

これで、子どもたちのリビング学習も、学校の用意も、末っ子のお絵かきも、ますますやりやすく充実していく…と思います!

リビング学習には、透明のテーブルマットが必須…。

今回鉛筆削りを置いた写真を撮っていて、改めて思いましたが、リビング学習をするには、カウンターにしろダイニングテーブルにしろ、透明マットを敷いておくことがとても大事だと思います。

鉛筆やシャープペンシルを使うと、机がかなり黒ずんでしまうのです。

以前使っていたダイニングテーブルも、鉛筆の黒ずみでかなり汚くなってしまいました…。(この時は透明マットを使わず、そのままでした)

透明マットは、ホームセンターでカットしてもらうこともできますし、ネットで購入することもできるので、用意することをおすすめします!

ちなみに我が家のダイニングテーブルには2㎜厚、勉強用カウンターには1㎜厚のものを使っています。1㎜厚でも問題はありませんが、やはり2㎜厚の方がしっかりとしていて安心感がありますし、ずれにくい気もします。

ちなみに我が家のリビングに作ったスタディカウンター、目の前が抜けているので、勉強していても気づまりせず、居心地がよいようです!

タイトルとURLをコピーしました