ダイニングテーブルとキッチンの「位置関係」、モデルルームで新発見!

とあるハウスメーカーのモデルルームを訪れた時に、「このダイニングテーブルの位置関係、面白いね!」と思ったことがあります。

最近は定番になっている対面キッチンですが、こんな方法もあるのか、と目からうろこが落ちた経験でした。

 

テーブル位置の固定観念。

対面キッチンに対して、ダイニングテーブルはだいたいこんな感じで置くよね♪と、ずっと思っていました。

その前に住んでいた分譲マンションでも、賃貸マンションでも、建売でも、ずっとこうでしたし…。

ダイニングテーブルの右側に
キッチンがありました。

キッチン隣にテーブル!

でも、ハウスメーカー検討中に訪れた、あるハウスメーカーのモデルルームで、こんなダイニングテーブルの置き方があることに気が付き、夫とびっくりしたのです。

キッチンカウンターの、すぐ隣にテーブルをくっつけてしまうという…。

それを見るまで、全くこの発想はありませんでした。

実際に、そのテーブルに座ってみると、景色が新鮮で新鮮で。

キッチンがすぐ横にあるので、片づけも配膳も、とても楽そう。

モデルルームなのでところどころがオシャレなので、なおさら、「新鮮でステキ!」と思ってしまいました(笑)。

実際は、キッチンの状態がすぐに目に入ってしまうので、整理整頓、掃除に普通以上に手をかけないといけなさそうですが…。

でも、対面キッチンに対してテーブルはこう!という固定観念を、見事に崩された経験でした。

 

キッチンにカウンターテーブルを造作?

この経験で刺激を受けてから…。

以前の記事にも書いたことがありますが、こんな感じで、キッチンをリビングに対してタテにして、ダイニングテーブルを横に設置。そして、キッチン前にカウンターを造作しよう、と考えたこともありました。

オシャレな建売の家などを見に行くと、この造作のカウンターを作っている家がいくつかあって、憧れがふくらんだのです。

なんとなく、こんな変形した形のカウンターを造作で付けようか?と考えたこともあります。

こうすると、限られたスペース内で、単純な四角い形よりも、導線を邪魔することがないし、

大人数が座れるし、ちょっとおもしろいし、いいかもしれない…と思ったのです。

キッチン前の部分は、バーカウンター気分を味わえるし(笑)、

半円っぽい部分はちょっと遊び心があるし…。

でも結局、造作カウンターはやめて、慣れている配置に落ち着いたのですが。

ちなみにダイニングテーブルとチェアは「unico」のものです。

今でも、やっぱりキッチンの横にテーブルをくっつけて、バーカウンターを付けて…というのもかっこよかったかもね、新鮮で。とちょっと心残りがあったり。

この形に落ち着いたのは、キッチンからの景色が、こっちの方が広々と見えるだろうな…という要因が大きかったかもしれません。

まあ、どちらにしても、よかったんだろうな~。

「ベンチ」が意外と便利。


DORIS ダイニングセット ウィンザーチェア ベンチ ダイニングテーブル 4点セット 4人掛け 幅135 ブラウン エトーレ

ちなみに我が家が選んだチェアは、上の商品のように、2脚がウィンザーチェアで、あと二人分がベンチです。この組み合わせがなんとなく好きです。

ベンチは、どちら向きに座ってもOKなので、後ろにあるカウンターでパソコン作業をするときにも便利なのです。

タイトルとURLをコピーしました