賞味期限切れのドルチェグスト「スターバックスラテマキアート」を飲んでみた。新品と比較してみて。

以前、5年間以上使い続けていたドルチェグストのマシンが壊れてしまってから1年が経過し、

やっぱり家でふわふわのラテが飲みたい…という気持ちが高まって、とうとう二台目のドルチェグストを購入!

「ドルチェグスト ミニミー」という商品です。

前のマシンがまだ使える頃に買ってあったカプセルがまだいくつか残っていたので、とりあえずそれで飲んでみることにしたのですが、よく見たら、賞味期限が切れていました(笑)。

でもそれもすぐに尽きたので、近所のスーパーでお気に入りの「スターバックスラテマキアート」カプセルを買ってきました!飲み比べた結果は…!?

「賞味期限半年切れ」と、「賞味期限まで半年」

家にあったカプセルの賞味期限を確認すると、箱の底に期限が書いてあるのを見つけたのですが、なんと「2021年5月」でした。

こちらを飲んでみたのが2022年の1月末。

見た目的には大丈夫そうだったし、カプセルはひとつひとつ密閉されているし、常温保存OKのものだし、扉付きの収納棚の上の方にしまっていたのできっと大丈夫なはず、と思って飲んでみました。※自己責任です。

ちなみに写真左が、2021年5月までのもの。写真右が、2022年5月までの新品です。まさにさっき買ってきたばかりの商品です。

デザインが微妙に変わっている…!どちらも「スタバ感」のある、魅力的なデザインです。

古いものの味は…

賞味期限が半年以上切れているラテマキアート。飲んでみると…

「あれ?こんなんだったっけ?」

と少し思いました…。

嫌なにおいがしたり、腐ったりしているわけでは全くないけれど、以前ほどの美味しさを感じられなかったというか。

美味しかったという記憶が間違っていたのか?味覚が変わったのか?と思い、古いせいだとは思いもよらなかった私でした!

※賞味期限は、「美味しく食べられる期限」なので、「消費期限」とは違います。すぐにダメになってしまうわけではないものの、飲食をする場合は自己責任での判断をお願いします。

ちなみに賞味期限切れのラテマキアートのカプセルは二つあったので、もう一つも翌日にまた飲んでみたのですが、同じ感想でした。

新しいものの味は…

でもせっかく新しいマシンを買ったし、毎日の楽しみの一つだし、新しいカプセルも買おう!と思い、近所のスーパーで新しいものを購入してきました。

早速、新しい「スタバラテマキアート」をドルチェグストで入れて飲んでみると…

「美味しい!これだ!」と思いました(笑)。

懐かしい、あのドルチェグストの満足度の高いラテの味です。一年以上前に戻ったような気分になりました(笑)。

やっぱり賞味期限切れのラテは少し風味が変わってしまっていたのか…と改めて実感。

南西向きの二階リビングで、夏場は特に温度が高くなるので、キッチンのパントリー内もある程度温度が高くなってしまい、保存状態があまり良くなかった…という理由もあるのかもしれません。

ドルチェグストは「スタバラテマキアート」がお気に入り

以前は、普通の「ドルチェグストカプチーノ」が気に入って何年も飲み続けていましたが、このスターバックスラテマキアートがいちばんのお気に入りです。

新しいカプセルのおかげで、ドルチェグストの味を一気にぶわっと思い出しました。スターバックスラテマキアートがいちばんという自分の好みは、インターバルを1年間をあけてしまったあとでも変わらなさそうです。

error:Content is protected !!