PR

ダイソンの掃除機dyson V8 Slim Fluffyを4カ月使って…まさかの親指にタコ!?

記事内に広告が含まれています。

2020年4月にようやくゲットしたダイソンの掃除機(V8 Slim Fluffyを)を使い始めて、4カ月ほどが経ちました。

使い続けた感想をメモしておきたいと思います。

掃除をしすぎて、まさかの、親指にタコ!?

ダイソンの掃除機を4か月ほど毎日使って、なんといつの間にか、親指にタコができていました…!

本体がそこそこ重さがあるので、片手で持ってトリガーを押しながら掃除をするとなると、本体の重さを支えるために親指の付け根のあたりに力がかかってしまい、

同じ場所でばかり支えていると、とうとうタコが出現してしまったようです…。

それに気づいてからは、毎回、掃除機を使う時に、手で支える部分を微妙にずらすようにしました。

そうすると、しばらくしてタコはほぼなくなりました。

でも…やっぱり使いやすい!

重さやタコができてしまった点は多少気になるものの、やっぱりダイソンはとっても使いやすいです!

届いたばかりの頃、あまりにこれまでのキャニスター型よりも掃除がしやすいので、楽しくて1日に何度も掃除をしていましたが、だんだん飽きてしまったり、重さが気になっておっくうになったりしないといいな…と思っていました。

でもその心配はほとんどなく、今でもとても気軽に掃除ができています。

特に、洗面所まわりの髪の毛が気になる時など、これまでクイックルワイパーをさっと取り出して掃除をしていたような場面に、ダイソンをさっと取り出すことができ、とても活躍しています。

時には一階に持って行って一階全部を掃除し、階段も掃除しながら二階に戻る、という作業は、当初の頃よりも頻度は減っていますが(笑)、

これまでよりもかなり気軽に一階の掃除、階段の掃除ができるようになって、とても助かっています。

吸引力も数か月使っても全く問題なし

今のところ、吸引力も変わらない感じで、長い髪の毛や細かいゴミなどをしっかりと吸い取ってくれています。

普通のモードでも十分、フローリングに落ちた髪の毛などもしっかり吸ってくれるし、「MAX」にするとさらにすごい!

ただフィルターのお手入れはちゃんとやっていった方がよさそう…。

error: Content is protected !!