PR

パナソニックFZお風呂の「エプロン」前カバーを外して掃除。意外とすぐに汚れる!

記事内に広告が含まれています。

2018年築の注文住宅の我が家、お風呂はユニットバス…PanasonicのFZ です。

あまりこだわりなく、でも一応パナソニックのショールームには出かけて色などを選んだのですが。

腰かける部分があって、お湯の量が節約できるのは気に入っているのですが、浴槽についている前カバー(エプロン)の内側が汚れやすくて、ちょっと面倒だな~と思っています…。

前カバー(エプロン)は簡単に外せる

「アクアマーブル人工大理石浴槽」なので、黒いまだら模様が汚れて見えますが、汚れではないです(笑)。

この前カバー、下側の隙間に手を入れると、私でも簡単にはずせます。意外に、とても軽いのです。

前カバーの汚れやすい部分

カバーと上部分の隙間

赤いマルで囲った、溝の部分がけっこう汚れやすいです。

シャンプーが入り込んだりもするだろうし、水気も残りやすくて、赤いカビ予備軍ができやすい…。

週1くらいのペースで、カバーを外して掃除した方がよさそうな感じです。

カバーの内側

そして、カバーの内側にも汚れやすい部分が。

カバーを外して、上から見た様子ですが、

カバーの内側の下部に、同じような赤い汚れが付きやすいです。

エプロンカバーを外すと…カバーの曲線に隠れた床が汚れている

エスライン浴槽は、名前の通り、「S」字を描くような感じになっているので、大柄の人でも肩回りがわりとゆったりとしていて、広く感じます。

でも、このSラインのおかげで、ちょっと掃除しづらい部分があるのです…!

「S」字の形に添って、ちょっと隙間があり、床にもカバーの影になって隠れる部分があって、掃除がなかなかやりづらいのです。

影になっているのでぱっと見は汚れが見えないのですが、「エプロンカバー」を外すと汚れが一目瞭然に…!

エプロンカバーの掃除も時々やっているので、外してしまえば、この隙間や床もスッキリと掃除ができます。

でもやっぱりこの部分は特に汚れがいつもひどくて…。

右の写真の斜線部分の「床」が、エプロンカバーに隠れている部分なので、汚れやすいのです。

エプロンカバーを外すと、赤いカビ予備軍が必ずと言っていいほどできています。

この前カバーに隠れる状態になってしまっているので、汚れが溜まりやすいのだと思います。

トイレやキッチンなどでも使える「ウタマロクリーナー」と、使い古しの歯ブラシとかで掃除しています。

前カバーを外せない・外さなくてよいものもあるらしい!?

ちなみにこのお風呂の前カバー、外せない仕様のものもあるようなので、自分の家のお風呂はどうなのか?調べてみるといいかもしれません。

もしくは、外さなくてもいい、内側に汚れが付かない仕様になっているタイプもあるとか…ちょっとワンランク上のシリーズでしょうね…うらやましい!

我が家は、なるべくこまめに、せっせと掃除していきますよ…!

→パナソニックFZのお風呂のオプションや、メリット・デメリットについて

error: Content is protected !!