「庭」に虫のトラブル続き!?花壇と玄関ポーチの作り方の、よかった点といまいちだった点が。玄関先にカマキリetc…

我が家の玄関回りで、虫によるトラブル?が続いています…。

虫の活発なこの季節には仕方がないのかもしれませんが、玄関先の作り方によって、それが防げたり、逆によかったりする点があるのかも、と思い当たったことがいくつか。

オリーブの木にスズメガ!気付きやすいのはポーチのおかげ?

9月にも何度も見つかり、そのたびに駆除に追われてきた、スズメガの幼虫。(捕獲方法→幼虫がいる枝を枝ごと切ってゴミ袋へIN!)

ちょうどスズメガが産卵しているところを目撃したり、いくつもの卵も見つけて除去したり、その後も小さなスズメガの幼虫を発見して駆除したりと、本当に何度も対策に追われてきました…。

もう涼しくなったし?さすがにもういないよねと思っていたのですが…最近また、黒い小さな丸いフンがコロコロ…とあるのに気が付いていました。

毎日、目を凝らして探していたのですが見つからなくて。

スズメガの幼虫ではなく他の虫かな?と思い、「ハマキムシ」らしき虫にやられた若い芽も何度も摘んできました。それでも、黒いコロコロがなくならない!

そのため今日も目を凝らしてオリーブの木を見ていたところ、無事に?スズメガの幼虫を発見…。すぐに駆除しました。

本当に、葉っぱの色と同化しているし、形も葉っぱに似ているので、なかなか気づかないんです!

                (虫の苦手な方は注意)

小さいうちに気が付けば、グロテスクさも少なく、駆除しやすいのですが、小さければ小さいほど、フンもゴミぐらいで小さいし、姿も葉っぱと完全に同化してしまって、本当に分からないのです。

でも、いるかいないかの印として、「黒いコロコロのフン」がいちばん分かりやすい。

しかし今回は、花壇の外のコンクリート側ではなく、玄関ポーチの上あたりの葉っぱにいました。

もしこの花壇がもっと大きくて、玄関ポーチやコンクリート部分が木から遠かったら、コロコロのフンにすら、なかなか気が付かなかっただろうな…と思います。

虫にやられてばっかりで、オリーブをシンボルツリーにしたことを後悔したりもしていますが…、

花壇は小さめで、コンクリートや玄関ポーチが近く、スズメガのフンに気が付きやすいのは、よかったところかもしれません。

 

玄関先にカマキリ!?玄関外に、横壁を作ったせい?

ある日の朝、玄関の外に出てみると、玄関横に作った壁の近くに、なにやら大きな黄緑色のものが…。

なんと、大きな大きなカマキリでした。

ほとんど動かないので、死んでいるのかなと思いきや、ほうきの先でちょっとつついてみると、微妙に動いて方向転換をしたりする…。

どこかに移動させたくてもまだ生きているならなかなか難しくて、仕方なくそのままにしておいたら、生協の配達の人や宅配便の人がビックリして凝視していました(笑)ゴメンナサイ

その後、夫が帰ってきてから確認してもらうと、もう死んでいたようで、なんとか処理してもらいました。

なぜこんなところをカマキリが最後の場所として選んだのでしょう…。

少し思い当たるのが、すぐ近くに花壇があることもそうなのですが、

玄関先にある横壁のおかげで、風があたらず、少し陰にもなっていて、隠れられる場所だと勘違いされたのかな?と…。

この部分、風があまり当たらないので、風通しが悪く、ガーデニングの植物を次々に枯らしてしまった苦い経験も…。

しかも、風が通らないせいか、蜘蛛の巣ができやすかったり…。将来的にも、あまり気持ちの良い場所ではなくなりそうで、ちょっと失敗だったかな?

お隣の玄関が隣接しているのでその目隠しのためにと思って作った横壁で、雨風を防げるので宅配の置き配を置いたり、生協の箱を置いたりするのに便利ではありますが、

置かれた段ボールに、ゴミや小さな虫が付きやすいし(苦笑)(もっとしっかり掃除を繰り返さないといけませんね、反省)。

タイトルとURLをコピーしました