注文住宅、こだわりの「広い玄関」、メリットとデメリット。

以前、「間取りの迷走3」でも書いたように、我が家の玄関は、家のサイズに対してちょっと広めです。

玄関の奥行は1820㎜、横幅は2250㎜で、シューズボックスがあるので上がりかまちの幅(玄関の横幅)は1820㎜。

100平米ほどの二階建ての戸建てとしては広めだと思われます。

土間部分は2.5畳あり、子どもの自転車も置けてしまいます。

毎日使う玄関だから…5人家族だから…玄関は広い方がいいだろうと、子ども部屋を削ってまで、玄関が広くなりました。

ちょっと後悔もしつつも(笑)、まあ、広くて便利な面もあるし、いっか、と思っています。

 

現在の玄関のようす。

我が家の玄関のフチ「上がりかまち」の長さは、1820㎜(2コマ分)あります。(1コマ=91cm×91cm)

普通なら、右側の図のように、子ども部屋(黄色の枠)をきれいな四角にして、収納を左にずらし、上がりかまちは1365㎜くらいにする(1.5コマ分)と思います。

ちなみに、シューズボックス分も入れると、玄関土間の広さは2250㎜×1820㎜。奥行もまあまああります。

前の家の玄関のようす。

実際、以前住んでいた家の場合は、1.5コマ分横幅1365mmの玄関でした。

(ナナメにカットされていたので、実際にはもう少し上がりかまちの長さは長かったですが…)

2×2マスが1コマ。
1コマ91cm×91cm

靴が散らかっていて、しかも工事用のマット?が敷かれたままの汚い写真ですみませんが…前の家の玄関はこんな感じでした。

この頃の広さにはそんなに不満はなかったのですが、今回の家では「毎日使う玄関は、広々としていた方がいい」と、夫と私の意見が一致。

小さい家なのに、見栄を張って、玄関だけ広くするなんて、アンバランスかな?とも思ったのですが、

家族が多いと玄関が混雑することも多いし、生協の保冷ボックスを置いたり、ベビーカーを置いたり…と考えると、広いに越したことはないのでは?と考えたのです。

 

実際の広い玄関、メリットは?

実際に、幅が2コマ分1820mmの上がりかまちの玄関は、とても広いです。

家族5人分の靴がたくさん並んでいても、上がりかまちに荷物を置いても、余裕で通っていけるのが、ありがたい感じです。

また、夫が、「玄関が広いとそれだけで気持ちがいい。帰ってきたときの気分が全然違う」とよく言っています。

私は、やっぱり玄関よりも子ども部屋を広くした方がよかったんじゃないか…とグチグチ言うのですが、夫は絶対に玄関が広い方がいい!という派です。

 

また、土間部分も、2.5畳と広めなので、ちょっと無理やりですが傘も広げて干せてしまいます(笑)。

右側にはベビーカーも畳まずにおいてあり、その上にレインコートが干されています、ずいぶん雑ですね(笑)。

傘は日光に当てず、陰干しをした方が、長持ちするそうです。

外で干すと、傘が風ですぐ飛んで行ってしまうし、直射日光にもあたってしまうので…。

土間に干すと家の中の湿気が…という問題点もありますが、まあ少しなので大丈夫かなと。

傘は、外にバーを付けてもらってひっかけるのがおススメ、と本で見たのですが、残念ながら付けなかったので(あれば濡れた傘の一時置き場として便利だっただろうな、今からでも付けたい!)、せめて土間で干せるのは良かったかなと思います。

広い玄関土間は、台風の時に、自転車や三輪車3台くらいは余裕で玄関内に収納できる、というメリットもあります。

 

広い玄関のデメリット。

でも、デメリットもやっぱりあります。

まず、土間が広いので、掃除が大変です…。雨の日など、子どもの靴に付いた泥や砂が、土間を汚してくれてしまうので…。

水を流してデッキブラシでごしごし、は本当に面倒です。

それに、冬は、土間が広いことで、冷える気がします

風水・家相的にも、土間は外と同じなので、「欠け」になってしまうとか…!?

また、広いのでつい物を置きがちになる…という面もあるかもしれませんね。

それに、玄関を広くしたことで、子ども部屋が狭くなってしまったので、この点はやっぱりずっと気になってしまうんだろうな…。

でも、100%満足のいく間取りなんてきっとないので、まあいいか、とは思っています(笑)。

広い玄関にリフォーム?

玄関を広くすればよかった…。家族が増えたり、自宅で介護が必要になった家族がいて玄関を広くしたい…。

その場合は、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

リショップナビ 見積もり

私も実際に利用したことがあるのですが、「リショップナビ」なら、無料で複数のリフォーム会社に見積りを依頼でき、比較することができますよ!

※ネット申し込み→リショップナビが希望内容をヒアリング(TELもしくはメール)→リフォーム会社紹介→リフォーム会社と下見日時を相談→下見ののち、見積もりが出ます。

タイトルとURLをコピーしました