ご近所トラブル、住宅購入の際は注意!身近であったトラブル内容。

様々な環境で過ごしてきた我が家、幸い、自分自身がご近所トラブルに巻き込まれたことはほぼありませんでした。

でも、周りではいくつかのトラブルを見聞きしました…。

マンション、戸建てに関わらず、ご近所トラブルって意外と身近に起こるんですね…。

マンションであった「子どもの騒音トラブル」

賃貸マンションに住んでいる頃、小さい子供の走り回る音がうるさいと、お隣の方に注意されたことがあります…。

その時は仮住まいで半年ほどで引っ越したので、その後のトラブルなどはありませんでしたが…。

友人は、購入した高級分譲マンションで、騒音トラブルに巻き込まれ、引っ越していきました。

男の子二人のそのおうちは、都内でも人気の高いマンション住まい。特に、近隣にあるマンションよりもグレードの高いマンションでした。

ある日階下に住んでいる老夫婦から、足音がものすごい、とクレームが来て、家じゅうにクッションマットを敷き詰めました。

もちろん子どもたちにも何度も注意し、気を付けて暮らしていましたが、それでもクレームが止まず…。

「地響きのようなひどい騒音で追い詰められています」と、かなりひどく言われて、とうとう引っ越しを決意していました。

戸建てであった「大人の騒音トラブル」

知り合いのおうちの後ろがアパートで、夜な夜な、ひどい夫婦喧嘩の音が聞こえてきたそうです。

しまいには、皿が割れる音が聞こえて怖くなり、警察に通報。

警察が来た頃にはすっかり喧嘩の声も止み、友人は夜中に二人で来た警官の姿に逆にビクビクしながら、対応したそうです。

夜中に警官が家に来るなんて、まわりから、うちが騒音の主だと思われてしまわないか…?とひやひやしたとか。

マンションであった「楽器の騒音トラブル」

知り合いのタワーマンション内でのこと。

寝室で寝ているときにいつも枕元からピアノの音が聞こえる…。

知り合いはちょっと病気をしていたので、日中でも横になることが多く、気になって仕方がなかったとのこと。

寝室の向こう側の部屋、壁一枚向こうのところにピアノが置いてあり、毎日弾いているようでした。

そこで知り合いは、マンション販売時の間取り図を持って、「おそらくここにピアノがあると思うが、申し訳ないけれど、こっちの部屋などに移動してくれませんか」とお願いをしに行きました。

それからは、お隣からピアノの音が聞こえることはなくなったとのこと。

ピアノを移動したのか、はたまた弾かなくなったのか分かりませんが…。

言われた方もきっと気になって、ピアノを弾きづらくなったのかなと思います…。

※クレームを言いに行く場合は、「やめてください」ではなく、「できればこうしてください」という「お願い」をするというのが、セオリーのようです。

マンションであった「子ども同士のトラブル」

知り合いのマンションには、同じくらいの子どもがいっぱい。

小学校に入ると、低学年のうちは近い家の子が集まって帰るという決まりがあるので、仲がいい悪いにかかわらず、一緒に帰らなくてはいけません。

まだ幼い子同士、どうしても、ちょっとした喧嘩があったり、ちょっとあいつ置いていこうぜ、というようなことが起こります。

そこに親が出てきて、いじめられたと言って親が親に言いに行き…。さらにほかの子の親も関わっていき…。

子ども同士でもやっぱり、相性があるし、いざこざはどうしても起こりますよね。

戸建てであった「ごみトラブル」

友人の家は、何軒かでごみ置き場が共有でしたが、特に持ち回りで掃除当番などは設けていませんでした。

みんながきちんとマナーを守って、いつもきれいな状態なら、当番も特に必要ないのです。

しかしある日、気持ちの悪い画像を印刷した紙がゴミ置き場に置かれていて、不快に思った友人は、ゴム手袋付けてその紙を広い、レジ袋に入れて捨てました。

同じゴミ置き場を使っているどこかの家の人がやったのか、そうではなく通りすがりの人なのかわかりませんが、そういう嫌がらせのようなことも起こるのか…と友人はショックを受けていました。

そしてその後、前日に燃えるゴミを出してしまう家が現れてしまい、とうとうゴミ当番が持ち回りになってしまったそうです。

そういえば我が家も、家の裏側にゴミを捨てられることが何度かありました。

そこで、Amazonで見つけた、フェイクの防犯カメラを取り付けると、それ以降ゴミ投棄は一切なくなりました。

その他、様々なトラブル!

他にも、戸建ての道路の前で自転車遊びやボール遊びをしている子どもたちに困った!といういわゆる「道路族」の話も聞いたことがあります。

マンションだけではなく、戸建てでもこういったトラブルはよくあるようです。

戸建てでも、騒音や人の迷惑になるような行為をしないように気を付けないといけませんね…。

タイトルとURLをコピーしました