「ゴム手袋」の収納アイディアと、活用方法。towerのふきんかけタワーやタオルバーが便利。洗面ボウルの掃除にも!

手荒れがつきものの主婦にはゴム手袋は欠かせない…!

でも、ゴム手袋をキッチンシンクになんとなく置いておくと邪魔だし、家族がシンク内に落としてしまったりしますよね。

洗濯バサミで留めておく方法をよく見かけますが、取るときもしまうときもけっこう面倒!

しかも、ゴム手袋を使っていると、片方だけすぐに穴が開いて水が入ってきてしまったり。

そこで、ゴム手袋収納のアイディアと、半端に余ってしまったゴム手袋の活用アイディアをご紹介します。

キッチンのゴム手袋は「tower」のふきんハンガータワー

キッチンのゴム手袋の置き場にずっと悩んでいました。シンクの端に引っ掛けておくと、誰かがシンクの中に落っことしてしまったりするし、

タオルかけにせんたくばさみで留めておくのは見た目も微妙だし、いちいち「はさむ」のも面倒、使う時もせんたくばさみから外す作業も面倒。

そこで購入してみたのがtowerの布巾ハンガータワー。

 

布巾はもちろんのこと、ゴム手袋を収納しておくのにもとてもピッタリです!!

これなら、サッとかけるだけ、取り出すときもサッと取るだけ。

ちょっと水気を切っておきたいという時も、すぐ隣がシンクなので、水滴が垂れても大丈夫。

しっかり大きくてそこそこ重さもあるので、取り出すときや戻すときも安定感があって動作がしやすいです。

しかも見た目もすっきりしていてモダンでおしゃれ。

少しサイズが大きめなので、キッチンに置く場所があるか確認することも大切ですが、

我が家にはとても便利で欠かせない存在になっています!

洗面台掃除に、ゴム手袋!(収納は洗濯機横に付けたマグネット式タオルバー)

洗面ボウルの掃除って、何気に面倒じゃないですか…?

毎日、手洗いに歯磨きに、ヘアセットにメイク、髭剃り、洗濯の予備洗い、ドライヤー等々、本当に度々使われている洗面台。

特に、洗面ボウルが汚れがちですが、いちいちスポンジと洗剤を出してきて毎日こまめに…とはいかなくて…。

洗面ボウル用のスポンジを買っていたのですが、すぐに汚れてしまうし、いよいよ買うのがもったいなくなってしまい、

最近、使い古しのゴム手袋を使った簡単な掃除が気に入っています。

洗面台の横にゴム手袋を常備。

洗面台のすぐ横に洗濯機があり、そこに「ダイソー」で購入したマグネット式のタオルバーを貼り付けています。

そのタオルバーに、洗面台の水滴を拭く用のぞうきんと、ゴム手袋を引っかけています。

ゴム手袋は、汚れ物を洗濯機に入れる前の予洗いのために毎日のように使うので、このすぐ取り出しやすい場所に引っ掛けていると便利なのです。

そしてゴム手袋を装着した時についでに、洗面ボウル内をゴム手袋で掃除してしまう、というアイディア!?です。

ゴム手袋で、洗面ボウルをゴシゴシ。

ゴム手袋を付けたら、ついでに、洗面ボウルをゴム手袋でゴシゴシと掃除をします。

水を流しながらゴシゴシとするだけで、けっこう洗面ボウルがきれいになります!

髪の毛とかが落ちていたらクルクルとまとめて、そばにあるゴミ箱に捨てます。

 

クルクル…とすることで、髪の毛がまとまりやすく、捨てやすくなります!

洗面台ボウル以外の、物を置く場所などの水滴は雑巾でふき取り、鏡の汚れも同じく雑巾でふき取ります。ちなみにこの雑巾は、ハンドタオルの使い古し(洗濯しすぎてゴワゴワになったもの)です。

ゴム手袋は、キッチンの使い古し。

ちなみに洗面台で使っているゴム手袋は、キッチンで使っていたものの使い古しがほとんどです。

手荒れがひどいので、洗い物の時はゴム手袋が欠かせないのですが、使っているうちにたいてい、片手だけに穴があいて、新しいゴム手袋を開けるのですが、

無事な方の片手がもったいないので、それを洗面台用にしています。

たいてい、右手用だけが穴が開かず生き残るのですが、それを洗面台用へ。

洗面台では片手だけで済むくらいの作業がほとんどなのでそれで間に合っています。

これなら、キッチン用のゴム手袋も無駄にならず、しかも掃除などにも活用できて、なかなかエコかも…と自己満足しています。

error:Content is protected !!