PR
インテリア&家電オプション

女子がいると、ヘアケアグッズが増える!洗面台の収納力がとても大事!三面鏡収納や引き出しが便利(パナソニックCLine)

記事内に広告が含まれています。

女子が家にいると、ヘアケアグッズがどんどん増えていき、洗面台の収納がとにかく大活躍しています…!

最近、「タングルティーザー」などのヘアブラシが人気で、娘も色々と試しています。

増えていくヘアブラシ(ダイソー、マペペ、タングルティーザー)

ダイソーのヘアブラシ

ダイソーにも似たようなヘアブラシが売っていたので試しに買ってみました。(2021年頃)

最初に買ったのは、ブラシの長さの違いが2段階のもので(緑)、

次にブラシの長さの違いが3段階のものを見つけて娘が欲しがり(ピンク)追加購入。

両者の違いはあまり分かりませんでしたが、抜け毛も少ない気がするし、通りもよいので使い勝手は良いです。

もう一つ、コンパクトで持ち運びのしやすそうな、丸くてコロンとしたタングルティーザー風のものも見つけて買ってみたのですが、ちょっと地肌に刺激を感じて、あまり使わずじまいでした…。やっぱり、合う合わないがありますね。

 

マペペ デタングリングブラシ

ロフトでこれのサンプルを使ってみたことがあり、娘と二人で気に入った商品です。

その時は買わなかったのですが、買えばよかった…と日々後悔し、別のロフトに買いに行ったときには見つからず、とあるイオンのヘアケアグッズ売り場で、この限定色らしき薄いピンクのデタングリングブラシを発見しました…!

とかしやすくて使いやすくて気に入っているので、後日私も自分の分を追加購入してしまいました。

 

噂の「タングルティーザー」

時々ドラッグストアやロフトで、タングルティーザーのサンプルが置いてあり、ちょっと試してみたのですが、こちらもまた使いやすくていい感じで気に入ってしまいました!

マペペの デタングリングブラシの方がお手頃だったので、それで充分かなと思っていましたが、その後結局、持ち運び用のブラシを欲しがった娘のために「タングルティーザー」も購入しました!

(コンパクトタイプの)タングルティーザーの方が、濡れた髪にも使えるのと、持ち運びのしやすいカバーがついているタイプがある(コンパクトスタイラー)、というのがいいところだなと思います。

またタングルティーザーの方が櫛一本一本にコシがありますが硬くて痛いわけではないので頭皮当たっても痛かったりせず、使いやすいです。

使いやすさ、とかしやすさは、マペペデタングリングブラシと、タングルティーザー、どちらも同じくらいかなという娘の感想です。

 

ストレートコームやヘアアイロンなども増える…!

別の記事でも書いた、キャンドゥのストレートコームや、

off&onで買った小さいヘアアイロンや、ヒートブラシ、ワックス、スプレー、ヘアトリートメント、カール用のヘアアイロンやヘアオイルetc…。

とにかく娘の欲しがった(&私も使っている笑)、ヘアケアグッズが増えていく毎日です!!

いろいろと買った中でも、娘も私も毎日使っているのが、「マペペ デタングリングブラシ」と、

ヘアアイロン「クレイツ エレメアストレート」です。

娘も私も、毎朝こればかり使っています。

 

洗面台の収納力がとにかく大事…!三面鏡・引き出し

娘のヘアグッズを娘の部屋に置いてくれればいいのですが、やはりヘアケアはリビング階の洗面所でいつも行われるので、洗面台にブラシやシュシュ、ヘアピン、ヘアアクセサリー類がどんどん増えていきます!

でも、パナソニックの洗面台「C Line」はとにかく収納が豊富。

三面鏡の裏にはこんなにたくさんのものがしまわれ、鏡のおかげできれいに隠されています。

特に、オプションで、パノラマスライドタイプ(下段も引き出し)にしたので、とにかくたっぷりと入ります。

二軍のヘアケアグッズやメイク用品、旅行用グッズ、ストック用の歯ブラシ、洗濯用の洗剤、シャンプーのストック、お風呂の防カビ燻煙剤など、とにかくいろいろなものがしまわれています。

一般的な開き戸タイプよりも奥まで使いやすく、取り出しやすいし、とにかくたくさん収納できるし、これにしておいてよかった…としみじみと感じています。

ヘアアイロンを引き出しにしまうには…耐熱ポーチ!

ちなみに、ヘアアイロンの収納は、耐熱ポーチを使えば、熱いままでもしまえるので本当に楽です!

ヘアブラシの収納はダイソーの積み重ねボックス

別の記事で詳しく書きましたが、タングルティーザーなどのコロンとしたヘアブラシの収納には、ダイソーの「自由自在積み重ねボックス」が便利です。

(この写真では洗面所の壁にあるニッチの中に入れています。)

ほぼ透明なので中身がみやすいし、積み重ねることもできるので便利だし、デザインもとにかくシンプルなのでごちゃごちゃして見えないし、いろいろなサイズがあるのでヘアブラシのサイズに合わせて選ぶことができます!

また引き出しにもブラシを入れて収納していますが、こちらもダイソーの積み重ねボックスを利用しています。

三面鏡内、100均のS字フックでヘアゴムを収納

三面鏡内に、100均のS字フックをひっかけて、ヘアゴムをかける場所を作ると、ヘアゴムをあちこちに置いて散らかすことが少なくなり、とても便利になりました!

三面鏡内はひげそり収納場所にも便利

夫のひげそりを立てているスタンドの場所も三面鏡内。

最近、三面鏡収納の、いちばん下の段に移動させることにしました。

今までなんとなく真ん中の段に置いていましたが、

ひげそりから細かいひげの粉が下に落ち、真ん中の収納から下の収納へとパラパラと落ちてしまいます…。

置かれている真ん中の段に加え、下の段の収納まで、掃除をしなければいけませんでした…。

そのため、掃除するなら一番下の段だけがいいと思って、移動させてみたんです。

おかげで掃除が必要なのは一番下の段だけになりました。早くそうすればよかったのに気付くのが遅かった…。

しかも、一番下の段のすぐ真上にコンセントがあるので、ひげそりの充電時も便利です。

充電用のコードも、すぐ真上の棚に入れてあるのでなおさらスムーズ。

いつも充電が切れると、洗面台の収納の外にあるコンセントにさす癖があり、ここはいつもドライヤーやヘアアイロンを使う時に使っているコンセントのため、ひげそりの充電のコンセントをいちいち抜いたりまた挿したり…と地味に面倒でした。

コンセントは三面鏡の中にもあるのに、収納外にあるコンセントが見えやすいのでついついみんなが使いがちで、コンセントのミニ争いが勃発していたんです笑。

確かに収納を閉じた状態で、三面鏡を見ながら使いやすいのがこのコンセントなので人気が出るのですが。

でもひげそりなら、使っていない時に充電すればいいので三面鏡の中で問題ないんですよね。

夫もそれに気が付いてくれたおかげで、コンセントのミニ争いも起きなくなりました!

 

error:Content is protected !!