PR
インテリア&家電

荷物を軽くしたい主婦にぴったりのハンディファン比較。オフィスで卓上で使える静音タイプ、小型の冷却機能タイプなど

記事内に広告が含まれています。

荷物が重いと、出かけて帰ってくるまでの間にすごく肩がこるし、帰るときは買い物の荷物も増えているからなるべく持ち物を軽くしたい…主婦になってから、若い頃よりはその思いが強くなっています。

しかもここ最近の猛暑、夏になると、ミニサイズの扇風機やネッククーラー、日傘、水筒、帽子、汗拭きウェットティッシュ…と、荷物も増えていきます。

そこで重要なのが「ハンディファン」の軽さ/コンパクトさと涼しさのバランスという問題です。

これまでいくつかハンディファンを買ってみて、その経験から、どんな基準でどう選べばいいかを考えてみました。

ファン3種

ハンディファン候補①ミニサイズ・軽量にこだわる

とにかく小さくて、軽量な物にこだわりたい!とりあえず扇風機があるだけいいので冷たさや涼しさはそこまで追求しない、という場合は、例えば、無印良品のコンパクトハンディファンがおすすめです。

重さはなんと、92gです。サイズもかなりコンパクトです。また、首部分を折って、卓上ファンとしても使用可能。

  • 重さ 92g
  • 全長(長さ)14.8㎝。丸い部分の直径が6.8㎝、厚みは3.3㎝
  • リチウムイオン電池 1400mAh 満充電に約3.5時間
  • 連続使用可能時間(約)弱で約7時間使用可能。
  • 風量 リズム風・弱・中・強の4段階。
  • 価格 1,290円(税込み)

ハンディファン候補②軽量・風の範囲が広め・薄さにこだわる

無印のコンパクトハンディファンよりも軽くて、丸い羽根の部分がもう少し広くて涼しく感じられて、しかも厚みが薄くてかさばらないものがいい…という方には、PRISMATE(プリズメイト)充電式スリムハンディファン

薄いハンディファン

首からかけていても、軽くて薄いので邪魔にならず快適です。ただし連続使用可能時間が少し短め。

  • 重さ88g
  • 全長17㎝。丸い部分の直径8.2㎝ 厚さ約2.3㎝
  • 1200mAh  満充電に約3時間
  • 連続使用可能時間(約)弱で2時間・強で1.5時間
  • 風量 弱・強の2段階
  • 価格 1,296円(2019年購入時の価格)

無印のコンパクトハンディファンと大きさを比較すると写真のように一回り大きいですが、その分薄いため、薄さを求める時にはこちらが便利。

ファン比較

また、無印のよりも羽の部分の直径が大きく、羽の数も多いためか、少しこちらの方が涼しく感じます。

ハンディファン候補③冷却機能付きで肌を直接冷やせる

少し重くなってもいいから、冷たいプレートで首筋やおでこをひやっと冷やせるペルチェ式のハンディファン。

カラビナがついていて、スタンド式としても使えます。

上二つと比べると少し重いですが、冷却モードで使用すると金属プレート部分が冷たくなり、肌に直接あてて保冷剤のような冷たさを出かけ先で感じることができます。冷却モード使用時は風量を選べないものが多く、また冷却モードを使用すると電池もくいやすい、冷却モード終了後はプレート部に結露が起きたり少し熱くなる、というデメリットはありますが、とにかく暑い猛暑に日に何度か助けられた便利な一品です。

  • 重さ 約140g
  • 全長16㎝ 丸い部分の直径5㎝ 厚み4.6㎝
  • 2000mAh 約3時間でフル充電 ※3200mAhのものなどもある 
  • 最大約5時間使用可能。中風で約5時間、強風で約3時間、弱風+クーラーで約1.5時間
  • 風量3段階(ボタン1回で中、2回で強、3回で弱+冷却モード)※冷却モード使用時風量を変えられるタイプもあり
  • 価格 2,980円(Amazonで2023年にこれより安いセール価格で購入)

3つのハンディファンを主婦目線で比較

ファン3種
ファン厚さ比較
  • とにかくコンパクトで軽いもの→候補①
  • 薄くて軽い、できるだけ涼しいものがいい→候補②
  • 冷却機能がある・丸い部分が小さくてかわいい→候補③

実際に、電車で一人で出かける時は、コンパクトで軽く荷物を少なく・軽くできる候補①の無印のコンパクトハンディファンを持ち歩くことが実際には多いです。軽いのがとにかくストレスフリーだし、小さくて目立たないのでなんとなくハンディファンを使う時のちょっとした恥ずかしさも軽減されて使いやすいです。

コンパクトさよりも薄さと軽さ、涼しさの範囲が広い方がいいという時は候補②。こちらも5年ほど親子で気に入って愛用しています。連続使用時間の短さは、毎日充電していればほとんど気になりません。

少し荷物が重くても大丈夫な日、とにかく外にいる時間が長くて心配な日、特に猛暑の日には、候補③を持って出かけます。厚みは少しあるものの丸い部分の直径が小さいのでハンディファンっぽさのないかわいさのおかげで、見た目的にもあまり目立たずおしゃれに使用できる感じが気に入っています。そして冷却モードを使用するとプレートが冷たくなるのがやはり便利です。家に帰ってからも、トイレの中やキッチンでの料理中などにも実際に使用しています。

もちろんほかの商品にも、もっと魅力的なものは多いかと思いますが、主婦が手に入れやすい価格と、軽さ、コンパクトで目立たないシンプルなデザインを追求した結果、私の場合はこの3種類を選択しました。

家に3つあるおかげで、充電済みのものをさっと持って出かけられる、子供にも貸すことができる、時と場合によって選んで持っていくことができる、万が一故障したときも購入を慌てずに済む、という利点があります。

今後また良いハンディファンがあれば追記していきたいと思います。

※番外編「静か」「風量」にこだわる:Francfranc(フランフラン)の「フレ ハンディファン」の人気の理由

早速追記ですが、若い子の間で人気の、フランフランの「フレハンディファン」を娘のリクエストで購入。

  • 重さ 約180g
  • 全長21.8㎝ 丸い部分の直径10.3㎝ 厚み3.7㎝
  • 2000mAh 約4時間でフル充電
  • 最大約9時間使用可能(最小風量の場合)。強風だと約2時間
  • 風量5段階+リズム風
  • 価格 2,680円~3,980円(カラーによる)
フランフラン
フランフラン

学校の友達はみんなこれを使っているのだそう。少し高くてサイズも大きくて重いのにどうしてそんなに人気があるのか?と思ったら、とにかく静かというところが重要なのだそう。

風量を強くしても静かで、静かな教室や電車内や自習室などでも使える。確かに学生たちには静音性というのは重要です。

上記の3つのハンディファンは、娘にとっては音が大きく感じて、人がいる場所では、一番弱い風しか使えないのだそう。

私は駅の乗り換え途中や家の中、街中などうるさい場所で使うことが多いので音に関してはあまり気にしたことがありませんでした。でも確かに電車内で使う時には、音が気になり、弱の風量しか使えないということは時々ありましたが。

実際に運転させてみると、確かに静かだなと感じました。風量は5段階の調整ができますが、風量1だとほとんど聞こえないくらいで、風量2でも静か。風量3でようやく扇風機が動いている音がするな…という感じ。

あとはフランフランならではのデザイン性の高さ。色々な色があって、オーロラカラーなど個性があってかわいいという部分も、女子たちに人気の理由の一つなのだそうです。

AXFIVE 108g 静音ハンディファン 卓上でもOK!折りたためて便利

扇風機

いろいろと調べた結果、もう少し小さくて軽く音が静かめな商品も発見。「20dB静音」という説明があり、重さも108gとのことでフランフランのフレよりも軽いです。

  • 重さ 約108g
  • 全長16.8㎝ 丸い部分の直径8.5㎝ 厚み3㎝
  • 2000mAh 約3時間以内でフル充電
  • 最大約16時間使用可能(最小風量の場合)。強風だと約2時間
  • 風量4段階
  • 価格 変動あり(私は2024年5月にクーポン適用で994円で購入)

実際に購入してみたところ、音もフランフランには負けるかもしれませんが、とても静かだなと感じました。(上記の無印や冷却プレート付きのものと比べると確かにすごく静かです!)

ストラップ付で、首を折ることができて卓上でも使えて、180度曲げて折りたたんでコンパクトに収納ができて便利です。軽いし直径がある程度大きいので風が来る範囲も広いし、こちらもなかなか気に入りました!

扇風機比較
error: Content is protected !!