旗竿地に建つ家の見た目、形によって印象も色々?。

旗竿地の建売を選んで数年間住んでいたことがあるのですが、どうしても、家の見た目が気になってしまった私…。

実際の旗竿地の住み心地は、奥まっていて落ち着いていて、人の目も気にならず、夏も涼しいし、二階は日当たりはばっちり。

見た目とリビングの日当たりが悪いことだけが不満で、全体的には住み心地はよかったのに、住み替えという結果に至りました…。

 

旗竿地の形にもいろいろ。

「敷地延長」や「旗竿地」などいろいろな言い方があるみたいですが、形にもいろいろありますよね。

うちの場合はこんな感じでした。

前にある家のうしろに、ばっちり隠れてしまう感じの、旗竿地の家でした。

そのため、通りから見ると、我が家は、ほんの一部しか見えませんでした。

これだと、「◎◎さん家の、うしろの家」という感じを強く感じました。

旗竿地に建っていてもあまり見た目が悪くならないように、かっこよく建てようという気配りも感じられず…。そのため、前の家とほぼ同じような家がうしろに隠れている、という感じが強かったのです。

もし旗竿地に注文住宅を建てるなら、「前の家のうしろ」という感じをあまり出さないようにできるだろうな…リビングの日当たりにも気を配れたのにな…と思っていました。

いつか外壁をガラッと変えよう!などと夢見てはいましたが…。

 

旗竿地っぽく見えない旗竿地の家。

でも、こちらの旗竿地の家は、あまり、「前の家のうしろの家」という感じがしない気がしませんか?


通りから見ると、二軒の家が並んで見える形です。

これなら、「旗竿地感」があまりしなくて、よく見るとそいういえば旗竿地だね、というくらいの印象を受けます。

近所を散歩しているときに、こういう形の旗竿地の建売住宅もけっこう見かけたのですが、こちらならあまり見た目も気にならないな…と思ったのです。

でも人によっては「何が違うの?一緒じゃないの」と言うかもしれませんね(笑)。

 

旗竿地の家を建てるなら。

旗竿地に建つ「注文住宅」は、オシャレで凝ったものが多い、という話を聞いたことがあります。土地を安く手に入れられる分、家そのものにお金をかけられるようになるし、いろいろな工夫で旗竿地のデメリットをカバーできるからでしょうね。「竿」の部分をオシャレなアプローチにしたり、見た目もかっこよくしたりと、工夫次第で旗竿地だっていくらでも素敵になるはずなのです。


はじめての家づくり No.23―「難条件」を克服した心地のいい家、大特集! (別冊PLUS1 LIVING)

一方、旗竿地の「建売住宅」はどうでしょうか。価格が安いし固定資産税も安いし、いいところがたくさんあるのですが、やはり見た目やリビングの日当たりなど、気になる部分が多いのも事実です。

旗竿地の建売住宅、今でもたくさん新しいものが立ち続けていますが、建売業者さんには、できるだけ、旗竿地の家の見た目や日当たりに、気を配ってほしい!!と言いたい、願いたいです。

タイトルとURLをコピーしました