PR
注文住宅

「引き違い窓」はいらない?建売や今の家で引き違い窓を使ってみて感じた後悔や、メリット・デメリットについて

記事内に広告が含まれています。

大きなサイズの引き違い窓がちょっと嫌い…なわりには、今回の注文住宅ではいくつか採用してしまいちょっと後悔しています。

1階の個室(寝室・子供部屋)には、大きな引き違い窓を3つも付けてしまい、家の中には掃き出し窓も全部で3つもあります。

そのせいでちょっと見た目がダサくなってしまったし、寒さや音、目線の問題が発生…。

2階に関してはほとんどFIX窓か滑り出し窓にした(バルコニーとつながっている部分に付けた2つの掃き出し窓はありますが)ので、よかったかなとは思っているのですが…とにかく1階にも2階にも、引き違い窓はもっと少なくてもよかったかも。

でももちろん引き違い窓にはメリットもあるので、付ける位置や大きさ、バランスが大事なんだろうと思います…。

大きな引き違い窓を採用して感じた「デメリット」

  • 2階の引き違い窓が大きくて落ちそうで怖かった経験がある
  • 透明だと目線が気になる(窓フィルムを貼って対応)
  • 防音性が低く、音漏れ・騒音問題が起きやすい
  • 防犯性・密閉性が低い
  • 網戸が外れやすかったりがたついたりしやすくてイライラする
  • 見た目がイマイチ
  • レールの部分が汚れやすい

・2階の引き違い窓が大きくて落ちそうで怖かった経験がある

以前住んでいた家は、二階に大きな引き違い窓がたくさんあって、採光性や換気にはよかったのですが、子どもが落ちそうですごく怖かったです。

しかも、窓の下に1階部分の屋根やパラペットなども何もないとなおさら怖くて…。

その物件を購入する際、営業担当の人に、「この2階の引き違い窓、大きいし、危なくないですか?」と聞いたのですが、「明るさをたくさん取ることをとにかく考えていたので、そこまで考えていなかったですね」と言われたことがありました。

そこで、2階の大きな引き違い窓、4つ全部に、面格子を付けようかとも考えたのですが、見た目がすごくなりそうなので、業者さんからも反対されてやめました。でも結局何も対策できずでちょっと心配でした。

・透明だと目線が気になる(窓フィルムを貼って対応)

大きな引き違い窓の多くは、くもりガラス(型ガラス)ではなく透明ガラスですよね。

我が家は一階が子ども部屋・寝室なので、大きな透明の引き違い窓だとプライバシー性が低く、特に夜はレースカーテンだけでは不足なので、厚いカーテンかシャッターを閉める必要があります。

ですが、子どもはうっかりカーテンを閉めるのも忘れやすいし、親が先回りしてやってあげないといけなかったり…面倒です…。

・防音性が低く、音漏れ・騒音問題が起きやすい

引き違い窓は密閉性に劣るので、寒さを感じやすいし、音も漏れやすいです。

大きな窓だとなおさらですよね…。そのため我が家は大きな引き違い窓には内窓(インプラス)を設置しました。

・防犯性・密閉性が低い

大きな引き違い窓だと、どろぼうさんも入りやすいですよね…。

鍵のまわりのガラスだけ静かに切り取って、手を入れて鍵を開けて、窓を開けて入られてしまうらしいです。

シャッターを下ろしておけば安心ですが、そうすると真っ暗になってしまうので、朝起きにくくなってしまいます…。

また、固定窓やすべりだし窓に比べて密閉性がどうしても劣るので、家の中の寒さにも影響しやすいです。

・網戸が外れやすかったりがたついたりしやすくてイライラする

引き違い窓は、換気するのにとても便利ですが、網戸をあっちこっちに動かす機会が多いせいか、外れやすかったり、がたついてイライラしたり…。

しかも、網戸をしていても、どうしても隙間ができてしまうことがあるようで、そこからゴキさんが…入ってしまったことが度々ありました。

・見た目がイマイチ

「3Dマイホームデザイナー」で間取りや外観をチェックしている際、大きな引き違い窓があるとなんだか古い感じがして、横長窓やタテスベリ窓、FIX窓などに変えると、なんとなくオシャレに見えました。

※ただ、同じ引き違い窓でも、横長の引き違い窓や、小さめサイズの引き違い窓なら、デザイン的にもかっこよくて、あまり問題なさそうな気がします。

我が家も寝室と、洗面所の窓は、横長の引き違い窓を採用しました。

上の洗面所の横長の引き違い窓は、とても小さいサイズです。(横60㎝×縦30㎝)

外観的にも、引き違い窓があることで、なんとなくあか抜けない印象になる気がします。

3Dマイホームデザイナーがないと気付けない部分がたくさんあったので、これから建てる方には本当におススメです…!

・レール部分が汚れやすい

引き違い窓の下の部分、レールの凹凸部分に汚れがつきやすく、掃除がけっこう面倒です…。

あまり開け閉めしない窓でも、レールにいつの間にか汚れが付くのでちょっとストレス。

引き違い窓にして感じた「メリット」

  • 大きな窓なので採光や換気によい
  • 窓の掃除がしやすい。
  • 開け閉めがしやすく、万が一の時に、窓から逃げることができる。
  • 既成品のカーテンのサイズが合いやすく、お手頃なカーテンがたくさん売っているので、機能やデザインなど好みに合わせてカーテンを変えられる

・大きな窓なので採光や換気によい

やはりしっかり換気したり採光したりするには引き違い窓ですね。

引き違いの掃き出し窓ももちろん、ベランダ・バルコニーに出るためには必須…!

我が家も2階リビングに掃き出し窓を2つ設置しました。南西向きなので夏の午後は暑くて冬の朝は寒いですが、冬の午後は日差しがたくさん降り注いでぽかぽかですし、2か所から出入りができるので、ベランダガーデニングにも、洗濯干しにも、何かと便利です。

・窓の掃除がしやすい

タテスベリ窓などの場合、はめてある網戸を付け外しする手間がかかる場合が(簡単なものもありますが)。

FIX窓だと、特に2階以上の場合は、外側のガラス掃除が難しい、というかほぼムリな場合も!

その点、引き違い窓は、内側も外側も掃除がしやすいです。

・開け閉めがしやすく、万が一の時に、窓から逃げることができる

開け閉めがしやすいし、換気をしたいときにちょっとだけ開けておく、しめたいときはサッと閉められる、というメリットはやはりありますね。

我が家の一階の個室には、大きな引き違い窓が3つありますが、万が一の時、例えば火事などの場合に、引き違い窓なら逃げやすいというメリットがあると思います。でも内窓を付けてしまったので、窓をふたつ開けないと逃げられなくなってしまいましたが笑。

・既成品のカーテンのサイズが合いやすく、お手頃なカーテンがたくさん売っているので、機能やデザインなど好みに合わせてカーテンを変えられる

遮光カーテン、ミラーレースカーテン、夜に電気を付けても外から中が見えにくいカーテン、おしゃれなカーテンetc…安くて機能性の高いカーテンが、既製品サイズでたくさん売っているので、一般的なサイズの引き違い窓だとカーテン選びが楽しいし、お手頃で手軽で助かります。

我が家も、今の家に引っ越してから、引き違い窓にいろいろなカーテンを買い足してきていますし、冬の断熱性能を高めるためにビニールカーテンを設置したりするときも、普通サイズの窓とカーテンレールのおかげで便利でした!

内窓を設置したいと思ったときも、一般的な窓のサイズなので、見積もりもしやすかったし、設置後も普通に開け閉めができるので使いやすいです。

入居して数年後に、6か所の窓に内窓(インプラス)を設置しました。

やはりメリットもデメリットもある…

やはり引き違い窓にもメリットもデメリットも両方ありますね…!絶対こうしたらいい!ということはないです。

例えばタテスベリ窓は、デザイン性も密閉性も高いし、子どもが落ちる心配も低いのですが、掃除がしづらいとか、我が家のようなバーをクルクルと回して開けるタイプ(オペレーターハンドル)だと壊れやすいなどもデメリットがあります。

引き違い窓は、2階にはあまり必要ないかもと思いつつ、バルコニー・ベランダがあるなら、出入り口として1つは必要だし、大きな家具家電の搬入にも便利です。

窓の種類、それぞれのメリット・デメリットを考えて、活かしたり工夫したりすると快適なおうちができそうです。

error: Content is protected !!