サーキュレーターにホコリ・ゴミがたまった!カバーが外せず、中の掃除の仕方に困る。掃除方法の試行錯誤…。

季節を問わず我が家の二階リビングで活躍しているサーキュレーター。

シンプルな見た目が気に入って購入した、「プラスマイナスゼロ」の商品なのですが、もう購入してから5年以上は経ちます。

そこで最近汚れがとても気になってきました…!

中に溜まったホコリが気になる!

けっこう汚いので閲覧注意です…。


割りばしに、ティッシュペーパーを付けて、輪ゴムで留めて、なんちゃってマツイ棒みたいなのを作ってみましたが、ちょっと太すぎて、細かいスキマに入ってくれず。

しかも無理やり掃除をしようとするとティッシュがすぐに破けてしまい、失敗!

針金、ウェットティッシュ、割りばし。

次に、ダイソーで購入した、針金で作られたロング紐通しに、ウェットティッシュを付けて、掃除してみました。

一応奥の方まで届くものの、羽の部分や、奥の方は、針金がゆがんでしまってうまく掃除できず…。

結局、このウェットティッシュを付けた針金と、割りばしも差し込んで、ダブル作戦で掃除をしてみました!

ウェットティッシュなら、ふつうのティッシュよりも破れにくいし、汚れもしっかり取れます。

羽がすぐに回って動いてしまうので、割りばしで押さえたりしながらなんとかゴシゴシ…と汚れ取りを頑張りました。

その結果、最初に比べたらずいぶんきれいになりました…!

何が正解?

雑巾やティッシュよりも、ウェットティッシュなら、薄いのでスキマにも入りやすく、破れにくく、汚れが取りやすくて最適だと思います。でも、ウェットティッシュだけだともちろんムリです。

割りばしよりも細くて、針金よりも固くてまっすぐで曲がらなくて、さらにウェットティッシュも固定しておけるものがあれば最適なのですが…意外と思いつかず。

でも、ストローなどを洗うための、とても細いブラシならどうかな?と今さら思いつきました。

ちなみにつまようじだと、短すぎだし、ウェットティッシュも固定しておけず失敗でした(笑)。

ただ、このサーキュレーターも、ドライバーを使えばカバーを外せるようです。でも、それもちょっと面倒だし戻せなくなったりゆるくなったりしたら…と不安もあります…。

羽の裏側など、隅々まで掃除をするなら外さないと無理だし…、次回は挑戦してみたいと思います(笑)。

タイトルとURLをコピーしました