ほっとする家、帰りたくなる家をつくりたい。マイホームブルーで、注文も建売も後悔していた私に伝えたいこと。

家を建てるとき、自分や家族が、ほっとできる、帰りたくなる家がいいなと思っていました。

建売やマンションを買うときは、色々なスペックに気を取られ、自分や家族が帰りたくなる家になるかどうか…は、あまり考えていなかったように思います。

今思えば、その視点で考えていたら、失敗も少なかったのではないかな…と思います。

結果的には、売却をして注文住宅を建てましたが…。

家の「スペック」は、ほっとする家をつくるために大切とも言えますが、スペックがそろわなくてもやっぱり我が家は我が家、住んでいればいつの間にか、ほっとする場所になるのだな…とも思います。

家族が集う「リビング」が、やはり大事。

帰りたくなる家にするには、やっぱり、リビングが一番大事かな…と思います。

寝ている時間もとても長いので、寝室の快適さももちろん大事です。しかし、寝てしまえば分からない(笑)。

家族が集まり、ごはんを食べたり、くつろいだり、テレビを見たり、ケンカしたり…。日々の生活の大部分を過ごすリビングは、自分も家族もいちばん意識が向く、大切な空間だと思います。

広さや明るさのちょうどいい、お気に入りのインテリアのある、居心地の良いリビング。まずはこれだけでも、いい家になりそうな気がします。

我が家は、外の目線を気にせずのんびりするために、リビングを二階にしました。

窓が大きくても、外の目線や物音がほとんど気にならず、とても快適です。

水回りとトイレの快適さも大切。

ホテルに泊まるとき、ぱっと見の部屋は綺麗でも、トイレや水回りが汚いと、急に落ち着けなくなりますよね…。

お風呂やトイレが狭すぎたり、掃除が行き届いていなかったりすると、とたんに気分が下がってしまいます…。

清潔感のある、快適なトイレとお風呂、そして狭すぎず広すぎない快適なキッチンと洗面所。これは、居心地の良い家には、やはりとても大事な要素ですね!

これまでの経験上、とりあえずトイレとお風呂には窓が必須です。

狭い個室なので、窓があるだけで閉塞感がなくなり、明るさや通気性もアップして、空間としての気持ちよさが増す気がします。

ちなみに、高級感のある造作の洗面所やお風呂も素敵ですが…我が家は予算の関係もあり、どちらも既製品です。

きちんと掃除をしてキレイに保てればそれで十分かなと思います。

環境に慣れる力も大切。家族が住めばそこがマイホーム!

長女が「私って、すぐ環境に慣れる力があるみたいー。引っ越してもすぐに慣れて、自分の家だって安心するようになる。」と言っていて、ハッとしました。

以前の、狭い暗い建売のリビングでも、家族は我が家を我が家として、愛着を持って、安心して暮らしていました。

旅行から帰ってくると、とても安心したし、私が切迫早産で長期入院したときも、早く我が家に帰りたい、と家を恋しく思っていた。

家族が住んでいる場所が、安心できる場所であり、どんな家でもマイホームなんだなあと。

家を選んですぐ。家を建ててすぐ。家に引っ越してしばらくしてから。むくむくと欠点や失敗点に気がついて気になり出し、ブルーになる…。私もありました、しっかりと経験済みです。

今の注文住宅だって、ああすれば良かったとか色々と後悔はあります…。

でも、どんな家でも、家族がそこにいれば、幸せに違いなかったなあと思います。

だから、リビングを失敗したなあと思う方も、水回り失敗したなあと思う方も、立地を失敗したなあと思う方も、考えすぎないで、家族と共に過ごす「今」を大事にして欲しいなと思います。

「今」は、頭の中の妄想や思い込みではなく、目の前にある、実際に今見えるもの聞こえるもの。

そうはいっても、目の前に見えるリビングが暗くて嫌!それなら、明るい照明を置く。

狭くて嫌なら、家具を思い切って減らしちゃう。

水回りがいまいちなら、思い切ってリフォーム!

立地が不便なら、ネットスーパーやAmazonを駆使するとか。Amazonプライム会員になれば、生鮮食品以外は何だってすぐに届けてもらえます、我が家もかなり使っています(笑)。

そうして、ちょっと不満を持ちながらも、その環境に慣れていけば、いつの間にか家に愛着が生まれるのかなと思います。


タイトルとURLをコピーしました