南西向き一戸建て、1階と2階の温度比較、第一弾。2月下旬、最高気温13度、最低気温3度のある日。

温度を測れる電波時計が家に2個やってきたので(カタログギフトなどより…)、

1階と2階の温度の差を測ってみることにしました!

これまで一戸建てに住んだことのない方は、一階と二階の温度の違いがイメージできないと思います。

思った以上に違うものなので、参考になればと思い、色々な季節で測っていけたらと思います!

ちなみに今回は、 晴れ時々くもり、最高気温13℃最低気温3℃の、2月下旬のとある日です。

1階も2階も、ちょうど南西向きの、掃き出し窓のあるお部屋です。

2階リビング
1階子ども部屋

外気温9℃、午後0時。

外気温9℃ 午後0時。もちろん、両方ともエアコンは付けていません。

2階リビング(遮熱カーテンなし) 18.8℃

1階子ども部屋(厚地カーテンなし) 12.8℃

6℃の差がありました。午前中はまだ1階も2階もあまり日当たりはそんなによくはなく、大きな差は出ないかなとも思ったのですが、それでも6℃も違いますね。

外気温12℃、午後1時。

外気温12℃ 午後1時。エアコン付けず。

2階リビング(遮熱カーテンなし) 21.1℃  (湿度43%)

1階子ども部屋(厚地カーテンなし)  12.6℃

外外記外気温気温13℃、午後3時。

外気温13度 午後3時。エアコン付けず。

2階リビング(遮熱カーテンなし) 22.5℃ (湿度42%)

1階子ども部屋(厚地カーテンなし)  13.5℃

午後、日当たりが良くなってからは、なんと、10度近くもの差がありました…!

二階から階段を下りる途中でも、「ひやっ」と感じ、1階にいると寒くて冬らしい感じがします。暖房はもちろん必要でしょうね。

が、二階リビングはぽかぽか、暑いくらいで、この温度を測ってからとうとう遮熱カーテンを閉めました!

ちなみにこの前日も同じような気候の日でしたが、午後4時半で、約8℃の差がありました。(2階リビング(遮熱カーテン半分閉めた状態)20.9℃、1階子ども部屋12.7℃)

外気温11℃、午後6時。

2階リビング、夕方5時くらいに少し肌寒くなりましたがエアコンもまだ付けずでOK。

夕飯のために火を使ったりしていたので、さらにあたたまった感じがしました。

2階リビング(遮熱カーテンなし) 21.7℃ (湿度42%)

1階子ども部屋(シャッターを閉めて1時間後)  13.8℃

※これ以降は、2階リビングも少し肌寒くなりエアコンを付けてしまったのでデータなしです。

1階子ども部屋はエアコンなしで、午後9時で13.6℃でした。

1階子ども部屋は、内窓を設置したので、普通の窓だけよりはもしかしたら暖かいかも…? そのためか、1階子ども部屋の温度は、1日中ほぼ大きな違いがありませんでした。

二階リビングは冬暖かい。

冬の天気の良い日の午後、2階リビングは暖房要らずでポカポカ…です。(窓を開けても暑くて、冷房入れたくなる日もあります…)

が、南西向きで、南側には建物がある影響で、午後からしか直射日光があまり入らないので、午前中は寒くて暖房必須。

お天気によってですが、午後5時以降くらいになると、再度暖房が必要になるかも、という感じです。

そして1階と2階の温度差は6℃から10℃くらいはあり、体感的にも大きな違いを感じます。やっぱり1階は寒いです。

ただし夏の二階は…灼熱地獄!!(笑)。

タイトルとURLをコピーしました