かつて「一戸建て探し」で物件を見て回った体験談その1。建築条件付き土地、建売等。

かつて、家族4人で賃貸マンションに暮らしていた頃、あまりに賃料が高かったので、「よし、一戸建てを購入しよう」と思い、物件探しをしたことがありました。

今住んでいる地域とは少し違う地域だったのですが、色々な物件を見て回ったので、ちょっと思い出して記録をしておこうと思います。

お手頃な新築の建売物件。しかし…

インターネットサイトで最寄り駅や駅からの距離を指定して検索して、物件探しを始めました。

最初に気になったのが、住んでいた賃貸マンションからほど近く、駅からも徒歩10分以内の場所に建つ建売物件でした。

インターネットの画像で見ると、数十軒がまとめて建てられていて、外観などもとても似てはいたものの、テイストとしては私の好みの外観だったので、早速見に行くことにしました。

見に行ったところ、その物件は大通りからも離れていて、割と静かで環境の良さそうな雰囲気で、立地にはとても惹かれました。

しかも「長期優良住宅」といううたい文句もあり、いいかも…と思いました。

ただ、気に入った棟はすでに売れてしまっていて、残っていたのは、日当たりが見込めなさそうな棟ばかり…。

とにかく家と家の間が狭く、ぎゅうぎゅうに建っていて、残った物件はリビングの目の前が隣家の壁で、リビングの日当たりは全く見込めなさそうでした。

その分価格も安くて魅力的ではあったのですが、日中家にいないならいいかもしれないけれど、幼い子どもがいて、日中もリビングで過ごす時間が長い我が家なので、さすがに真っ暗のリビングはきついかな…ということで、その物件はあきらめることにしました。

「建築条件付き」物件。

次に見に行ったのが、その時はまだ土地だけの状態で、「建築条件付き」という物件でした。

空き地に数軒の「建築条件付き」の土地区画ができていて、数軒はすでに建築が始まっていました。

ただ、その頃はまだ何も知らず、「建築条件付き物件」というのは何かということすら知らない状態。

土地の値段だけ見て「あらお安い」と思って見に行ったところ、そこにさらに建物代がかかるということを知って驚き(笑)、当時考えていた予算をかなり超えてしまっていたので、お断りすることになりました。

営業担当の方からは、金額的には全然問題ないですよとは言われたのですが…それでも、当時頭の中で考えていた予算からはオーバーしていたので…。

高級な建売物件。

駅からかなり近くに、新築物件が建築され始めているということを知り、早速問い合わせて見に行きました。

有名なハウスメーカーが建てた、建売とはいってもかなり注文住宅に近いような、とても高級な物件でした。

見た目も確かにしっかりとしていてかっこよくて、いいないいなとすごく憧れました。

しかし価格を聞いてみると…。先日予算オーバーで断念した建築条件付きの物件よりもさらに1000万ほども高い物件!

すごく良さそうだけどさすがにこの価格ではね…ということで断念しました。

でも今になって、あの立地と建物のグレードであの値段であれば、なかなかよい物件だったんじゃないかとも思います。

その後、誰かが入居して住んでいるのを見て「いいなあ」と何度も思いました(笑)。

幹線道路近くの物件。

駅からは少し遠くなるものの、新しい物件が建っているので見てみますかと不動産屋さんに提案されて見に行った物件。

家のたたずまいとか、価格とかはとても理想通りで、日当たりも問題なさそうでした。

ただ、かなり大きな幹線道路のすぐそばに建っていて、車の交通量もかなりのもの。大きなトラックもバンバン通ります。

まだ小さい子どもを連れていた私に、その不動産屋さんが「うちの子どもがアレルギーで、空気が心配。お宅も小さい子がいるしここはやっぱりなしですね」と、私の意見を聞く前からほぼほぼその方が却下(笑)。

家の感じはとてもよかったし、駅からの距離も許容範囲内ではあったのでちょっと残念でしたが、不動産屋さんがそういうなら…ということで却下に。

色々な物件を見ると勉強になる。

その頃は「一戸建て」を探し始めて本当に間もないころだったので、何も知識がなく、本当に何も分かっていない状態でした。

でも、色々な物件を見に行くことで勉強になったので、無駄ではなかったと思います。

結果的には、このあたりには理想的な物件がない…ということで地域を広げて、今の地域に越してきたのですが、私にとって、暮らしやすさに関しては明らかに今の地域が上です。

家と土地(立地)のバランスとか、縁とか…、家の購入はやっぱり奥深いです。

ちなみにその後、今の家にたどり着くまで家探しはまだまだ続くことになりましたが、さらなる紆余曲折がありました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました