【つぶやき】今の家にしてよかった…と思ったある出来事。

いろいろな家に住んできた私ですが、今日、「この家でよかった…」と思った出来事があったのでちょっと記録をしておきたいと思います。

夢で、とある物件に住み替えてみて。

私は眠りが浅い方で、普段からよく夢を見るのですが、「これは夢だ」と分かりながら見る時と、夢と思わず現実かと思いながら見る場合があります(笑)。

今回は現実のような感覚で見ている夢だったのですが、ある中古物件を購入して住んでいる夢でした。

それは古い中古マンションの一室で、私が苦手なはずの高層階。

過去に大地震のときに高層ビルにいた私はものすごい揺れで恐怖がすごく、高いところがもともと苦手ということもあり、もう高層階に住むのは無理だと思ったはずだったのですが、

夢の中の私は、かつて実際に住んでいた一戸建てに嫌気がさし、マンションに住み替えたようでした。

が、その中古マンションはあまりの古さのためか、ある部屋では窓がすっかり壊れてというかはがれている感じで(古いとはいえそんなのはありえないことなんですが(笑))、冬になったら隙間風がすごそうという不安と、落ちたらどうしようという不安も(笑)。

これだったら、前の建売の家の方がよかったよ…としみじみと後悔するという夢でした。

リビングの狭さと日当たりの悪さという大きな不満があった前の家でしたが、夢の中で、この中古マンションよりは前の家の方がずっとよかったよと後悔していました。

目が覚めて思ったこと。

夢と現実の間をさまよっているときは、今住んでいるのは一戸建てだ…ああよかった…という安ど感がまず先にきて、

はっきりと頭がさめてからは、「ああ今の家でよかった」と実感がわいてきました(笑)。

前の家(建売一戸建て)も良かったけれど、今はもっとよくなっている。

前の家で不満だった面は解消されたし、もちろん苦手な高層階でもないし、窓もはがれていないし(笑)

もちろん今の家でも不満点はたっくさんあるのですが(笑)、今の家が一番良かった…と思えたことは、よかったなあと思います。

でももし次に住み替えるなら?

今の家でよかった…と思えたのはもちろん幸せなことですが、上を見ればきりがない(笑)。

もし次に住み替えるなら、もっと高性能で夏も冬も省エネで快適なおうちか、

低層マンションの2階か3階の中住戸でぬくぬくしたい…でもその場合は子どもがある程度巣立ってからかな。

とはいえ、全て完璧は手に入りっこないので、とりあえず今の家に満足できていることが改めて確認できたので(笑)、嫌な感じの夢ではありましたが、よかった、ということにします(笑)。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました