ためてしまったいらないものを捨てる作戦。夫がとうとう動いた!

子どもたちの卒業、入学の時期が近付いてきたこの頃。

我が家の3きょうだいのうち一人が今年受験生でしたが無事にその受験も終わり、テキストやらを片づけ始めました。

しかし捨てるのはもったいないので、一部は下の子用に取って置いたり、少しずつフリマサイトに出品したり…でもそのためには置いておく場所も必要だし、

リビングにもう一人分の学習スペースを確保したいけれどそのためには今リビングにあるけれど捨てられないものをしまう場所も必要…。

というわけでとうとう夫が重い腰を上げて、収納スペースの大そうじに取り掛かってくれました。

リビングに置きっぱなしのいらない本たち

まずは2階リビングに置きっぱなしになっていた、もう使い終わったプリントやテキスト類をいっさいがっさい、1階へ運んでいきました。

さらに、勉強カウンターうしろの収納庫の中も、そこを使っている上の子にお願いしていらないものを出してもらい、一階へお引越しもしくは廃棄。

家関係のもういらないと思われる書類やカタログをどうするか?と聞かれたのですが、それはまだ使う時があるので無理せずステイ(笑)。

一階の押入れの中を整理。

一階には玄関、子ども部屋、洗面所(サブ)、寝室、WICがありますが、長い廊下の左側に、ちょっとした物入(0.5畳)があります。

こちらには、ストックのトイレットペーパーや、夏に使うプールグッズ、おさがり用の学用品、災害時用のストック品、旅行用のバッグ、その他昔のアルバム類や書類、使わない家電、紙袋類など雑多なものがたくさん入れられています。

汚くなって使わなくなった加湿器やら、まだ使うかも…と思って取ってあったものがいっぱいあったのですが、スイッチの入った夫がごっそりと捨てました(笑)。

(これを機に新しい加湿器も買いたいなあと思いつつ選ぶのが面倒で(笑))

これまで何度も中身を見直してきたにも関わらず、私はつい捨てられなくてとっておきがちなので、この機会にたくさん捨ててもらってよかったです。

寝室のWICと本棚も

寝室横には広めのWICがあり、ファミリークローゼット(シーズン外)として活用しています。ほぼ私の服ですが笑、家族の季節外れの服やパジャマ、おさがりの服の保管、バッグ類、スーツケースなども保管しています。

ここも夫が少し手を入れて、少し使いやすくなりました。

さらに、寝室の一角に作ったカウンターの下に、もともと持っていた本棚を置いたり、メルカリで販売中のものを保管しています。

その本棚には、かなり古い本や、子どもがもう読まなくなった絵本なども置いてあったのですが、それを思い切って処分!

メルカリ販売中だけどなかなか売れない子供服なんかも処分してしまいました。

子どもの机も見直し。

夫が大きなものを処分したり動かしたりしている間に、私は子どもの部屋にある机の上の書類や本をチェック。

何年か前の教科書やプリントなどもまだとってあったので、かなりごちゃごちゃしていた学習デスクの上の本棚が、重さに耐えかねてか前に少し傾いていて(怖)、

ニトリの組み合わせデスクなのですが、棚板を支えるポッチが外れてしまっていたみたいでした。

そのため一度全部引っ張り出して、いるものといらないものに分けて、どさっと処分し、棚板を支えるポッチもしっかりとはめて修復!

(あまり一度にごみに出すと迷惑になるので、何週かに分けて出しました。その間、玄関の土間収納に置いたり、玄関の端っこに置いたりしておきました。ちょっと広めの玄関がたまーに役に立つ時です笑。)

そして、リビングの勉強カウンターの足元に、ドリルやら折り紙やらお絵描き帳やらいろいろなものを入れたボックスがあったのですが、不織布?のものなので、荒い使われ方に耐えかねて端が破れているのを発見し、ダイソーで300円の「ソフトバスケット」を2個購入。

ほりごたつ部分に入れておくのにちょうどよいサイズでした!

底のほうで眠っていたもの、使い終わったドリルなどいらないものもたくさん捨ててかなりすっきりとしました。足元なのでついごみみたいなものもたまりがちなので…。

今後は定期的に中身を見直したり掃除したりしないとな…と改めて決心!(笑)。

あまりため込まないうちに処分!

もったいないと思う気持ちが優先すると、どうしてもものが捨てられなくてためがちになってしまうのですが、やっぱり、時々でいいので奮起して、思い切って捨てる決意をすることも大切かもしれませんね。

何度か、捨てた後に「やっぱり…」と思ったこともあるにはあるのですが、その場合はまた新しいものを買えばよいわけで…。

本当に使い道があるものを捨ててしまうのはもったいないけれど、何年も使っていないものは、場所をとるだけだし、思い切って捨てたほうがすっきりとしそうですね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました