【少し後悔】やっぱり「自分の部屋」的な場所が欲しかった。趣味のものを飾ったり、ちょっとこもったり…。「隠し部屋」も魅力的。

「家事室」「家事コーナー」的なものがあるといいなあ…と思いながらも、小さな家だし、間取りの関係で作るのは難しく、あきらめることになりました。

そのかわり、リビングに「カウンター」をたくさん作ったので、好きな本を置いたり読んだり、アイロンをかけたり裁縫をしたり、という場所には困っていないのですが…。

でもやっぱり、「自分だけの空間」も欲しかったな…と思うきっかけがありました。

趣味のものを飾る空間が欲しい!

最近、とあるアーティストに年甲斐もなくはまってしまい…、人生で初めてといえるくらい、グッズを買ったり(少しだけど)、ファンクラブに入ったりしてしまっていて(ファンクラブはミスチルのに入ったことはあるけど)。

娘が好きな女性アイドルグループのライブに一緒について行ったり、娘が好きな音楽番組を一緒に見たりしていて出会い、いつの間にか娘と一緒にハマってしまった感じで、そうこうするうちに娘より私の方がハマり…。

でも好きなものは好き!とはいえさすがに、リビングにでかでかとグッズやポスター…というのは気が引ける。寝室に書斎的な場所はあるけど夫のスペースがメインだし、寝る前と起きたときしか見れない。

というわけで、リビングのそばに、自分だけのコーナーがあるとよかったのになあと…。

ほんの1畳、いや半畳でも構わないので、ちょっと籠ることもできる場所があれば、気兼ねなく、好きな物で染めることができたのになあと。

ダイニング横の「ニッチ」で代用する!?

でも、ほんのわずかな空間ではありますが、「ここ、いいかも?」と思った場所が。

いつもパソコンをしているダイニングテーブルの真横に、横に細長い「ニッチ」があります。

ここに、読みかけの本やらお気に入りの本やら、カレンダーやら、ついつい置いてしまっているのですが、この限られたスペースだけなら、好きなグループのグッズを少し置いても悪目立ちしないかも!?

パソコンのそばのスペースなので、自分の目にはよく入るし。

食事中の家族にも目に付くと思いますが、みんなけっこうテレビの方を見ちゃってるし問題ないかも(笑)。

もし来客があった場合は…けっこう目立ちますが(笑)。その時はさっと片づけてもいいわけだし(笑)。

大きなポスターとかはムリでも(そもそもやっぱり大きなポスターは気恥ずかしいし)、フォトカードとかなら置けそう。

大きなものは、ダイニングテーブル後ろにあるカウンターの一角にコーナーを作ってもいいかな?

雑誌は、マガジンラックニッチがピッタリそう。

ニッチやカウンターが、意外な面でも活躍する可能性…作っておいてよかったです。

「隠し部屋」もすてき。

最近、YouTubeとかでも時々見るのですが、「隠し扉」的なところから入れる「隠し部屋」を作るのもすてきだったな!と思います。

すごく小さい足元の入り口から、ゴロゴロと寝転がってようやく入れるとか、収納の裏に実は部屋があるとか(笑)。忍者屋敷みたいで遊び心があっていいです!

そういう隠し部屋なら、心おきなく、好きなポスターとかグッズで埋め尽くせそうで、いいなあと今さらですが思います。

OTONA基地」という、段ボールで作れる一畳の個室も、ちょっと気になる存在です。

タイトルとURLをコピーしました