子どもの花粉症が判明。部屋干しを強化しなければ…!

春休みに入って、3年間皆勤賞で体がいちばん丈夫なはずの上の子が、鼻をぐずぐず言わせるようになって、「これは…花粉では!」というわけで、クリニックに行ってきました。

血液検査をしてもらった結果、スギ花粉陽性ということが分かり、部屋干し対策を強化しなければ…!ということになりました。

スギとハンノキ…黄砂も?

受診から約1週間後、上の子の検査結果が出たのですが、スギ花粉が陽性、ハンノキが擬陽性。

心配していたハウスダストや、最近少し多いらしい「ゴキブリ」アレルギーはひっかからず(そんなものがあるんですね…)、少し安心しましたが、やっぱりスギ花粉か。

私も少し花粉症と言われたこともあって、最近は調べていないのではっきりとは分からないものの、やはり最近少し目がゴロゴロするし、手荒れや体のかゆみも春になると出てくるので、少しあるのかなあという感じがします。

クリニックのお医者さんによると、花粉だけではなく、黄砂も可能性があるので、なるべく洗濯物は部屋干しがいいかも、ということでした…。

確かにこの頃、外に干した洗濯物が、少し砂っぽいような匂いというか…風が強いせいかなと思っていましたが、やはり気を付けないといけないみたいです。

部屋干しを強化!

普段から、洗濯機は夜に1回、朝に1回と、一日に計2回回していて、

夜は私や上の子、夫のワイシャツなどの主におしゃれ着をドライマークコース洗いをして、部屋干し(リビングの畳コーナーにあるホスクリーン)。

朝はミニバスタオルやその他のものを、ふつうコース洗いして、外干しをしています。

単純に、一回ですべて洗うにはちょっと量が多いので2回に分けたいというのと、その日着たワイシャツなどおしゃれ着はすぐに洗っておきたい&部屋干しをしたいという理由があって、2回に分けています。

夜に干したおしゃれ着は、近くからサーキュレーターを軽く回しておけば、朝にはほとんど乾いてくれているので、ある程度片付けてから、朝の洗濯物をいったんホスクリーンに干し、適宜、外(バルコニー)へ出しています。

洗濯機をサイズアップすればいいのかもしれませんが、一度に大量に干したり片付けたりするのが苦手なので、とりあえずはこの朝と夜の2回洗濯機を回すスタイルが私にはちょうど良いです。

そこで、上の子のミニバスタオルやおしゃれ着ではないもの(靴下とか)も、部屋干しをしなければいけないので、夜に洗うものをちょっと増やさなければ。

そうなると、夜の間に部屋干しをする量が増えるので、今の乾燥する季節はいいのですが、梅雨に向けてもう少し対策をしないといけないですね…。

もちろん、天気が悪い日は、いろいろとまとめて、お風呂のガス式浴室乾燥機で乾かしますが、

天気の良い日が多いので、天然の乾燥機(バルコニー)を使わないことにはもったいないし、やっぱり天日干しは気持ちよいなと思うことも多いので、アレルギーのない家族の衣類やタオルは外に干します。

それ以外の部屋干ししたほうがよい人の衣類やタオルは夜に洗って部屋干しをし、サーキュレーターの風量を「強」に上げて、しっかり乾かせるようにしたいと思います。

 

あとは、去年購入した「除湿器」を、湿度が高い季節になったらホスクリーン近くで使用してみようかな。

もしくは、ホスクリーンのすぐ近くに、大きいエアコンを設置してあるので、これで「除湿」運転をすれば最強かも。

ちょっと電気代がかかりそうなのが気になりますが、除湿器にするかエアコンにするか、電気代や渇きの速さを比べてみたいなあと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました