リビング用の簡易ゴミ箱を設置。ゴミ出しの時のゴミ集めをラクにするための工夫も。

我が家のキッチンのゴミ箱は、キッチンのパントリー(開き戸)の中にあるので、いちいち扉を開けてから、ゴミ箱のフタも開けないといけません。

でも、ティッシュとか紙の切れ端ちょっとしたゴミの場合、面倒ですよね、正直。

ゴミ箱は少ない方が、ゴミ出しの時にまとめる作業がラクになるので、あまりゴミ箱の「数」じたいは増やしたくないのですが、

リビング用のゴミ箱として、キッチンカウンターに置いたニトリのゴミ箱が、ずっと手放せずにいます。

キッチンカウンター上のニトリのゴミ箱。

もう10年以上使い続けている、ニトリのゴミ箱と、ティッシュBOX。

この位置にこのゴミ箱を置くのも、前の家に住んでいる頃からずっと続いている習慣です。

デザインがちょっとアジアンチック?で、安かった割にはしっかりとしているし、ゴミ箱にしてはオシャレな感じが気に入って、ずっと使い続けています。

そして、キッチンカウンターに置かれたこのミニゴミ箱がとても重宝しています。

内側にビニール袋を設置したりもしていないので、湿ったものや臭いの付いたものや、分別しなければならないものはここに捨てないで!というルールを敷いていますが、ちょっとしたゴミならみんなここにポイポイとしていきます。

そのため、ゴミの日はこのゴミ箱から、すぐ近くにあるメインのゴミ箱にえいっとひっくり返してゴミをまとめるのみ。替えの袋の設置などもないので楽です。

ちなみにキッチンのシンクのそばに、「tower」のゴミスタンド(ポリ袋エコホルダー)に消臭袋を付けておいて、生ごみ用にしています。

こちらは臭いの付いたゴミOKにしていて、キッチンのシンクそばにあるので、リビングからカウンター越しに捨てることもOK(笑)。

ちなみにこの生ごみ用ゴミ袋も、メインのゴミ箱の近くにあるので、ゴミをまとめるときはとても楽!です。

 

ゴミ箱が近くにまとまっていると、まとめる時もラク。

小さいゴミ箱が一杯になった時や、ゴミの収集日でゴミを集めるとき、リビングのゴミ箱がメインの大きいゴミ箱から遠いと、ちょっと面倒ですよね。

このキッチンカウンターの上にあるゴミ箱なら、キッチン側からひょいと取って、パントリー内のゴミ箱に放り込むのも簡単。

ここにリビング用のゴミ箱を置く代わりに、リビングのそのほかの場所には一切ゴミ箱を置いていないので、ゴミを集める時はとてもラクです。

洗面所とトイレも間取り的にすぐ近くだし、一階にはほぼゴミがないし(掃除の時にゴミも二階に持って行ったりするので)、我が家のゴミ出し事情は、いつの間にかラクなルートになっているようです。

ゴミ集めがラクになるよう工夫すると、家事がラクになるので、けっこう大事なことかもしれません!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました