※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

折りたたみ日傘(晴雨兼用)は超軽量がおすすすめ!小さめバッグでもかさばらない、かわいい日傘

持ち歩ける、折り畳み式の日傘(晴れ雨兼用の折りたたみ傘)は、とにかく「軽いもの」を買うと決めています。

重いとそれだけでお出かけが疲れるし、日傘は重いから置いていこう…と思った時に限って、雨が降ったり、日差しが強かったり…。

気軽にバッグの中に入れっぱなしにできる、小さくて軽い晴雨兼用日傘が手放せません。

「超軽量カーボン傘120g」晴雨兼用傘、かわいいバイカラーデザイン

しばらく前に私が購入した日傘、出かける時は必ずバッグの中に入れています。

「バイカラー」デザインのものは124gから139g、
「パイピング」デザインのものは115gから135g
傘カバーが約7g とのことで、あわせても140gくらい。

私が持っているもの(バイカラータイプ)を手持ちのはかりで測ってみると、ちょうど140gほどでした。

外側が薄い色でも、内側はちゃんと黒になっているので安心です。

しかもバイカラーデザインやパイピングデザインで、日傘らしさ、かわいさ、さわやかさもあるし、好きな色・デザインを選べるのも楽しいです。

晴れ雨兼用なので、突然の雨にももちろん対応できるし、「完全遮光100%」と商品説明にも書いてあるのでそれも頼もしいです。

バッグに入れた時も本当にかさばらなくて(たたんだときの全長は約21.5㎝)、バッグをなるべくもこもこにしたくない、重くしたくない私にはぴったりです。

開いたときは直径約80㎝(親骨50㎝)なので小ぶりなサイズですが日傘は小さめサイズの方が目立ち過ぎず、人にもあたりにくいので安心して使いやすいです!

 

超軽量カーボン日傘の「デメリット」

強い風が吹くとひっくりかえってしまいやすいのですが、すぐに戻りやすいです。

でも何度かそれをくりかえしていたら折れてしまう時があります。でもそんなときは新しいデザインのものに買い換えられる!と前向きに考えます笑。

またコンパクトサイズなので急な雨の時はちょっと心もとないです。

でも、ないよりは全然良いし、とにかく軽いので、お出かけの時はどんな天気の時も必ずバッグに入れています!

 

ちょっと雨風があやしい時のもう少し大きめの軽い日傘

ちなみに、もう一本、折りたたみの日傘(晴雨兼用)を持っていて、こちらのほうが開いたときのサイズが少し大きめ。

雨が降る可能性が高い時はこちらを持っていきます。

開いたときの直径は約89㎝(親骨50㎝)で、上記の日傘(直径約80㎝)より少しだけ直径が大きいので、雨に濡れたくないときはこちらを持っていきます。

とはいっても開いたときの見た感じはそんなに違って見えませんが笑、さしたときの安心感はやっぱりちょっと違います。上記のめっちゃ軽い日傘が五角形でこちらは六角形なせいもあるかな。

閉じてたたんだときは全長が22.5cmほど、カバーに入れて重さが165gほどなのでじゅうぶん軽いです!

真っ黒だけど少しフリルがついているデザインなので使いやすくてちょっとだけかわいさ・日傘らしさもあって、晴れの日も雨の日も使いやすいです。

何度も折りたたみを閉じたくない…という時の日傘(小さめ)

折りたたみではない、ふつうの傘タイプの日傘も持っています。

電車移動ではなく、車移動や近所への買い物とかで、何度も傘を折りたたみたくない時、バッグの中に収める必要があまりない時に使います。

もちろん内側は真っ黒なので安心!

バンブーハンドルがかわいいし、やっぱり折りたたみタイプよりもしっかりとしている感じで使いやすいです。(重さは約315g)

開いたときの直径は77~79㎝ほど(親骨50㎝)で、傘にしては少し小ぶりタイプなので、人の多いところとかでも使いやすいし、大げさになりすぎない感じが気に入っています!

でもドーム状にコロンと丸くなっているのがかわいいし、もちろん晴雨兼用だし急な雨の時も安心です。この形のおかげか雨のときもわりといい感じに安心感があって使いやすいです。

 

軽くて小さい水筒についての記事

軽くて小さいハンディファンについての記事

error:Content is protected !!