穴あけいらず!毎日使う日傘を手に取りやすい!玄関のシューズボックスにかけたドアハンガーが便利。

毎日出かけるたびに使う日傘を、いちいち土間収納の傘立てに収納したり取り出したり…というのがプチストレスでした。

かといって、玄関の隅の方に立てかけておくと、倒れてしまったりしてイライラ。

そこで考え付いたのが、玄関のシューズボックスの扉にかけた「ドアハンガー」です。

※ちなみにこちらの商品は耐荷重が約2kg。取り付けできるドアの厚さは約2.7~約3.6cmまでで、ドアと上部との隙間が約3mm以上必要です。

靴箱のとびらに引っ掛けるだけ。

家にいくつもあったドアハンガーですが、あまり使い道がなく持て余していたものがあったので、試しに付けてみました。

しっかりと扉も閉められるし、傘をかけるにはちょうどよい感じ!もちろん傘は軽いので耐荷量もオーバーせずです。

何本もかけるのはNGですが(笑)、我が家のドアハンガーの場合は、どうしてもというときは2本までくらいなら大丈夫そうです。

もちろん、シューズボックスの扉が濡れてしまってはよくないので、雨に濡れた傘はかけられないし、あくまで濡れていない日傘のみですが、

ちょっと買い物に行くときや子供の送り迎えなど、何度も頻繁に出入りする際に必ず使う日傘なので、とても楽になりました!

シューズボックスに合うサイズ?

ちなみに我が家のシューズボックスの扉の厚みは、1.7cmしかなく、少し厚みが足りないようで、

そのため余っている部分がちょっと多めで、少しぐらつくかも。でも傘程度なら問題ないかなという感じです。

ちなみにドアと上部との隙間はちょうど3mmありました。そのため問題なく扉を閉められるし、浮いたりもしません。

何個も…は避けたい

とても便利なフックですが、便利だからと言って何個もつけてたくさん物をぶら下げてしまっては、ちょっとごちゃついて見えてしまうので、我が家ではこの日傘のための一個だけ!と決めています。

末っ子が、持って帰った傘をついここに引っ掛けがちなのですが、即、所定の場所に私が戻しています(笑)。(土間収納の中の、ニトリの傘立てが所定の場所)

ちなみに濡れている傘は土間に広げて乾かしておきます。無駄に広い玄関がこの時くらい役に立ってくれてありがたいのです…

あくまで、ドアハンガーにかけるのは、閉じていて乾いている私の日傘だけ!です。これからも絶対に守っていきたいと思います(笑)。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました