リビングが狭い・リビングに収納がない建売住宅時代、検討したリビング収納。早く買えばよかった。

家族の数に対してちょっと狭いリビング…そして収納のないリビング…の場合は、

やっぱり収納計画が大事かな!と思います。

狭いリビングでも、子育て中でも、スッキリ快適に暮らすコツについて。」という記事や、

広いリビング、狭いリビング。両方経験してみて分かった、メリットとデメリット。」という記事でも書きましたが、

以前住んでいた建売物件は、LDKが若干狭く、

1階にある和室は玄関を挟んで向こうにあり、LDKとつなげることができないため、解決方法がありませんでした…。

でも、引っ越し当初は、わりと広々と見えていました。

まだ物が多くなく、すっきりと片付いていたせいですね。

3段ボックスの収納。

しかしこの後、リビングの後ろ部分を中心に、物がどんどん増えていきました。

子どもの勉強道具やおもちゃ箱、DVD、夫の仕事関係の書類や本など…。

赤いマルを付けた部分に、物がどんどん積み上げられていきました…。

このリビング後ろ部分には、シンプルな3段ボックスを横置きにした、簡易的な収納を置いていました。

この3段ボックスを横置きにして、それにちょうどよい収納ボックスを入れていました。

書類を縦入れで収納するのにはとても向いていて、不動産関連の書類や子どもの学校、予防接種の書類などをしまうのに重宝しました。

そのために、すでにここに入っている書類をどこかに移動させるということもなく、おもちゃ箱や3段ボックスの上にどんどん積まれていく日々でした(笑)。

もっとスッキリする収納があるかも?

そのため、ある時期、こういう薄型で、背の低い、シンプルな収納を考えていました。

これなら、奥行は3段ボックスとほとんど変わらないし、リビングの後ろにあっても邪魔にならなそうです。

デザインもシンプルで、インテリアに合いそうだし、色も明るいので壁に同化して、存在感を主張することもなさそう。

中の棚板も高さを調整できるので、いろいろな物の収納に対応できそうですよね。

しかも、高さが絶妙で、引き違い窓の少し下あたりくらいまでになりそうだったので、ちょうどいい!と思っていました。

背の高い家具を置くと、窓をふさいでしまったり、余計に部屋を狭く見せてしまうので、それだけは避けたいと思っていました。

でもこの収納ならきっと、物をしっかりとしまえつつ、部屋も狭く見せないのでは…と。

しかし、なかなか踏ん切りがつかず、結局は買わずじまいでした。

でも、この収納があれば、リビングの狭さやあふれる物の多さによるストレスから、ある程度は解放されていたかもしれないな…と思うと、さっさと買えばよかったのに!と今更ながら思います。

タイトルとURLをコピーしました