霧ヶ峰(Zシリーズ)の「A.I.自動」機能がすごい…。人の居場所を把握したり、冷えている人を見つけたり。

我が家が昨年購入した、三菱の霧ヶ峰Zシリーズ、29畳用(9.0kw)2019年モデル。

ただ大きくて高いだけではなく、A.I.機能というスゴイものが付いていました。

これのおかげで、「冷えすぎる問題」が解消されたりと、色々な便利な機能だということがやっと最近分かりました。

「A.I.自動」モードにすると…。

これまでよくわからなくてあまり「A.I.自動」は使わず、普通に冷房、除湿、暖房ボタンを押して、風向きを変えたり風量を変えたり…としていたのですが、

せっかく機能があるんだしちょっと使ってみようかとA.I.自動を押してみると、「A.I.自動(冷)」と表示されて、しかも温度もちゃんと変えることができました。

どれくらいの温度まで冷やしたいかとか、もしくは暖房運転がしたいのかとか、ある程度の大枠までは希望どおりに設定できるんですね。もう全自動になってしまうかと思っていました(笑)。

そして、A.I.自動で冷房運転をし始めてからは、以前から気になっていた、なんだか冷えるな…!ということがあまりなくなり、快適になりました。早くA.I.自動モードを使えばよかった(笑)。

「A.I.ナビ」ボタンも便利。

ちなみに「A.I.ナビ」ボタンを押すと、画面に、今の室温や、今どんな運転をしているのか…というのが表示されます。

ある日「A.I.ナビ」ボタンで確認してみると、「寒いと感じている人を見つけました。風よけをしながら控えめな運転をしています」というような内容が表示されてビックリ。

一緒にリビングにいた家族に確認すると、ちょっと寒いと言っている人が二人いました。スゴイかも…A.I.。

また、別のときには、「設定温度より室温が低くなったので送風運転中」という表示がされた時も。

また別の日には、「外気・日射・住宅性能から、体感温度の下降を予測!早めに控えめな運転にしました」という表示や、「少し先の温度としつどのバランスを予測し除湿に切り替えました」という表示もありました。

そして次の画面に言ってみると、過去30日分の電気代が表示されます。(8月は本当にガンガン使ったのですごい金額になっています…。さらに、初期設定で、電気料金の単価をあえて少し高めに設定しているのでかなりの金額が表示されています(言い訳、笑))。

さらに、室温(体感温度)も表示されるので何かと便利です。

しかも、人がどこにいるか?(エリア確認)も表示されます。私が部屋の中を移動してみると、画面の人形がちょっと動くのが分かります。

いったいどうやって人のいる場所を把握しているのかナゾですが…すごい、最先端のエアコン…。

高温・低温みまもり機能。

高温見守り、もしくは低温見守り機能をONにしておけば、なんと、エアコンが停止していても、高温(28℃)もしくは低温(10℃)になると自動で運転が始まるというすごい機能が…。

高齢になると、暑い寒いを感じる力が低下してしまい、それで暑い部屋の中で過ごしてしまい熱中症になってしまう…ということがあるそうですが、この機能があればちょっと安心できますね。

スマートオフ・スマートオフ設定。

スマートオフ機能をオンにしておくと、人がいないとエアコンが判断するとじ自動で運転を止めるので、出かける時についうっかり消し忘れてしまいがちな人に便利です。

でも、我が家のように、夏場留守中に部屋の中がすごく熱くなってしまうのを防ぎたいので運転は続けてほしい…という場合に便利なのが、スマートセーブ機能

これをオンにしておけば、人がいなくなっても運転は止めず、省エネ運転をしながら控えめな運転をしてくれます。

求めていたわけではないけれど…。

もともと、こんな高スペックなエアコンが欲しかったわけではなく、高い冷房能力を求めて9.0kwという巨大サイズのエアコンを選ぶと、こういうハイスペックモデルしかなかった…というわけなのですが、もっと安いシンプルな機能でハイパワーのモデルがあってもいいのにな、とも思います(笑)。

でも、高かった分、素晴らしい機能がたくさんついているし!、ずっと長く使い続けられるといいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました