【キッチン比較】マンション、建売、注文のキッチン比較

分譲マンション、建売住宅、注文住宅と住んできましたが、キッチンはよく似たような雰囲気でした。

分譲マンションのキッチン。

食器棚(バックカウンター)をオプションで付けました。

左側のパントリーはもともとあったものです。とても便利で、保存のきく食材をたくさん収納することができました。

冷蔵庫を置くスペースがこの奥に必要だったので、あまり幅広い食器棚にはできなかったのですが、3人家族の頃ならこれで十分間に合っていました。

キッチン前の吊戸棚も、もともとはついていたのですが希望して外してもらいました。その方が広々とするかな?と思ったので。

その分収納力はなくなりますが、そんなに食器もたくさん持っていなかったし、大丈夫でした。

オプションで、ガスレンジの下に、ビルトインのオーブンレンジも付けました。母の勧めもあって付けたのですが、オーブン料理やお菓子作りにとても役に立ちました。

ちなみに食器洗い乾燥機もオプションで付けていて、かなり活用していました。

ディスポーザー。

マンションといえばディスポーザー!本当にとても便利でした、一戸建てでは無理なので、名残惜しいです。

建売のキッチン。

キッチンはとても広く、食器棚に加えてパントリー代わりの収納タンスも余裕で置けました。

スライドタイプの収納で、とても収納力がありました。一番下ももちろん収納になっていたし、包丁入れもありました。

「タカギ」の浄水フィルターが入れられる一体型蛇口、これは注文住宅の今も同じです。

ちなみに対面キッチンではありましたが、吊戸棚や壁があったので、リビングからキッチンの見え方はこんな感じでした。

キッチンにも窓があったので、特別暗いなとは思わなかったし、リビングも十分見渡せたので、「オープン」という感じではなくても、不満はありませんでした。

ただ、キッチン側にコンセントがなくて…。壁側にはあったのですが…。

シンク横に置きたかった食器乾燥機とドルチェグストのコンセントをさす場所がなく、リビング側から延長コードを引っ張ってきていました…。

こんな感じで…

コンセントの件だけが、このキッチンの困ったところでした。

注文住宅のキッチン。

注文住宅のキッチンに関しての詳細は別記事にあるので是非どうぞ♪

マンション、建売、注文を比べてみて…。

こうして比べてみると、マンション時代と注文住宅のキッチンはとても似ています!なんだか向きも一緒だし(笑)。

色は白、パントリーと作り付けの食器棚、食器洗い乾燥機付き、吊戸棚ナシのオープンキッチン。

マンション時代より、ディスポーザーとビルトインのオーブンがありませんが(涙)。

そしてやっぱり作り付けのパントリーと食器棚は見た目がスッキリとしますね。

でも、使い勝手は、自分で食器棚、パントリーなどを用意した建売の時も変わらなかったです。

ちなみに、オプションでどちらにも付けた、白い食器棚&バックカウンターは、マンションの時はシルバーの取っ手がついていましたが、注文住宅ではプッシュタイプで、取っ手がなく、すっきりとしています。

見た目は、取っ手のないプッシュタイプがシンプルで素敵ですが、家族みんなの手あかがつくのがちょっと難点ですね。時々、ウェットティッシュやからぶきでふき取っています。

(一番下の子は、お尻で押して開けていますが(笑)、何気にそれが手あかがつかなくていいのかも!?)

タイトルとURLをコピーしました