注文住宅、住宅密集地で失敗!子ども部屋の窓、すりガラスにすべきだった!

我が家は住宅密集地に建てた注文住宅です。

お隣の家との距離が近いことは分かっていましたが、さすがに、お隣の家の間取りまでは(リビングの位置以外は)住むまではほとんど分からず…。

そのために、子ども部屋の窓を透明ガラスにしてしまって失敗した!というお話です。

個室は普通は透明ガラス、と言われて…?

窓ガラスを透明にするか、すりガラスにするかという打ち合わせは、間取り決定後にしっかりとありました。

割と悩みながら決めた記憶はとてもあるのですが…、一階の個室に関しては失敗ばかりです。

もう、リビングの掃き出し窓以外は、すべてすりガラスでよかった!!本当にそう思います…。

子ども部屋の腰高窓、全部透明ガラス。

ちょっと広めに作った、縦長の子ども部屋には、二つの腰高窓があります。

このすぐ1mほど先には、お隣のお宅の、お風呂場の窓と脱衣所の窓、そして小さめだけれどリビングの窓も…。

現地を見に行った際は、どの窓もあまり大きくなかったので、あまり気にしていなかったのですが…、

それでも、どうして、こんなに大きな普通のサイズの引き違いの腰高窓を、透明ガラスにしてしまったんでしょう…!

とても迷惑な新築一家になってしまっていません…!?

玄関の横や階段、トイレ、洗面所などにつけた、縦長の滑りだし窓は、すべてすりガラスにしました。

リビングの畳コーナーの横長のFIX窓も、すりガラスにしました。

でも、大きなサイズの窓は、やっぱり透明ガラスだよね…という先入観でしょうか、子ども部屋と、寝室の大きな窓は全部、外からも中からも丸見えの透明ガラス。この住宅密集地でなぜそうした…!?

えっ、それとも、Low-e複層ガラスの大きな窓にはすりガラスはないとか、すごく高いとか…!?きっと違うと思うけれど、ちょっと知識がなさすぎてすみません。

気になるのは、特に、夜。

昼間は、ミラーレースカーテンで充分、目線を遮ることができるので、あまり心配はないのですが、気になるのは夜です。

レースカーテンがあっても、暗くなってから、家の中の電気を付けると、外には家の中が丸見え!

でも、子どもは、夜暗くなったら暑いカーテンやシャッターを閉めるんだよ、と言っておいても、つい忘れがちです。

私が即座に閉めに行ければいいのですが…最近はどんどん日が暗くなるのが早くなり、私も閉めるのを忘れてしまうことも多く…。

つい暗い中で電気をつけて、厚いカーテンもシャッターも閉めないまま、ということがあります。

すると、お隣の脱衣所やお風呂の窓が開いて目があってビックリ!となることが(まだないけれど)十分あり得ます。

また、こちらが電気を消していても、向こうが電気をつけていて窓を開けて換気していると、こちらもあちらも部屋の中がよく見えてしまう!

夜は、電気を付けると、レースカーテンなんて、全く意味がないくらいに、見えてしまうのです…。

そうなった時点で、すぐにサッとカーテンやシャッターを閉めるとなると…、もし人がいて目が合ってしまったら気まずいし、やりづらいのです…。

窓用フィルムを活用!!

そこで、すっかり貼りなれた「窓フィルム」の活躍するときが来ました!(笑)。

寝室にある高窓にも、Amazonで購入したものを貼りましたが、今回は特に急いでいたので、ホームセンターで買ってきました。

さすがホームセンターで売っているものは、ちゃんと、「複層ガラスOK」「網入りガラスOK」というものが多くて、安心できますね!

 

窓をスプレーで掃除してからペタっと貼るだけ。

窓の全面ではなく、窓の真ん中だけを覆えばいいかと思い、「46cm×1.8m」のサイズ、1180円くらいで購入。

そのため、窓の横の長さだけを測ってカッターでカットしました。

窓すべてを覆うと思うと、かなりの大きさが必要で、お値段も高くなってしまうので…。

それに、カッターでぴったりサイズにカットする作業がいちばん面倒なので、タテの長さは気にせずそのまま貼れるのは、とってもラクです。

窓の掃除をしたり、フィルムを上から押さえて空気を抜くための「スクイージー」をなくしてしまい、急遽ハンガーで代用しましたが(笑)、なんとか貼れました。

※翌朝、見てみたら、空気の穴だらけでみっともなかったので、ダイソーでスクイージーを買ってきて、貼りなおしました。

  

ちなみに、タテ110㎝の窓に、タテ46cmのシートではちょっと短かったかも?本当は60cmか90cmのものがよかったけれど、ホームセンターには売ってなかったので…。まあとりあえずの応急処置としてはいいかなと。

Amazonなら、いろいろなサイズの窓フィルムが売っていて便利です!

<住宅密集地のしまったシリーズ>

タイトルとURLをコピーしました