休園中の末っ子に…「こどもちゃれんじ」のドリル「ちえ」「かず」「ひらがな」を買ってみた。

休園でずっと家に居る末っ子…、暇を持て余し、「次は?次は?」攻撃をするようになってきました…。

そこで、末っ子が大好き「しまじろう」のドリルを買ってみると、大ウケしてくれて、助かりました!

オールカラー、サイズも大きくてやりやすい。

買ってみたのは、「ちえ」と「かず」の二冊です。

比べたり分けたり…内容豊富な「ちえ」。

まず「ちえ」を渡してみると、大喜びで始めてくれました!

どうせすぐに終わってしまうんだろうな、と思ったら、意外にもかなりの時間を過ごすことができました。

しかも、集中力が途切れないように、いろいろなパターンで学べるようになっているので、最後まで全く飽きない様子でした。

シール張り、クレヨン(えんぴつ)、ハサミとのり。迷路、仲間分け、間違い探し、順番並べ、同じもの探し、etc.

もちろんオールカラーで、シールもたっぷりです。時々「おたのしみ」コーナーもあって、塗り絵なども楽しめたりします。

3時間以上、集中して取り組んでくれたし、ほぼ自分ひとりでできていたので、とても助かりました…!

ただ、本当はハサミで切るところは親がやってあげることになっています。我が家は、紙だけが切れる安全なプラスチックのハサミを渡して自分で切ってもらい、切りにくいときだけ手伝ってあげました…。

数えたり並べたり…意外と楽しい「かず」。

問題の指示通りになるようにシールを貼ったり、切ったカードを色・数に合わせて貼ったり、数を数えて合う数字を選んだり…。たしざんの元の考え方になるような問題や、数字をなぞるページ、息抜き用のぬりえや間違い探しのページなどもあります。

こちらも、末っ子は飽きずに3時間くらい集中してやっていました。

末っ子的には、「ちえ」よりも「かず」の方が意外と楽しかった様子。

末っ子は、自分ひとりでは難しいページは、飛ばして進めていて、あとから一緒に飛ばしたページをやりましたが、ちょっと内容を解説してあげればあとは自分でできるような内容になっていました。

値段に見合う内容で満足!

安く買ったドリルだと、すぐに飽きたり、すぐに終わったり、逆に難しすぎて自分でできなかったり、ということが起きがちですが、

このドリルは、飽きないように工夫がされているし、子どもだけでもじっくり遊べるし、とてもよい勉強になるし、絵もかわいいし、シールも内容も豊富。

年齢に合った内容になるように年齢が「2・3歳」、「3・4歳」、「4・5歳」という風に、自分に近いものを選べるように工夫されているのも良いところだと思います。

一冊770円は決して安くはないのですが、値段に見合う内容だと満足しています。

末っ子は、「ひらがな」もやりたい!と大騒ぎしています(笑)。

「ひらがな」は、ひらがなをなぞるページが多くて、つまらないかなとも思ったのですが、Amazonのレビューもよく、本人もやりたがっているので、買ってみようかなと思います。

追記:「ひらがな」も買ってみた。

「ひらがな」の方は、簡単なひらがななら本人はもう書けてしまうので、年齢がちょっと上のものを選んでみました。

それでも問題なく進めていましたが、こちらはやはりひらがなをなぞることがほとんどでちょっと飽きやすかったみたいで、30ページほどを続けてやったところでいったんやめてしまいました。

とはいえ、迷路があったり、シール貼りがあったりと、とても工夫がされています。

なぞる部分も、とてもゆったりとスペースが取られているし、なぞるひらがなに関した絵があったり、「公園」などテーマに合わせたページになっていたり、ちょっとしたなぞなぞになっていたり、とても工夫がされているなあと思います。

「脳をきたえるシールあそび」

しまじろうのワークだけではなく、他にも子どもが集中してくれるのがやっぱりシールブック。

アンパンマン系、ダイソー系のシールブックもよく買いましたが、いただきものの「脳をきたえるしーるあそび」は、よくできていて感心してしまいました。

3歳から100歳までとなっていて、大人でも楽しめる感じ。

もちろんオールカラーで、紙の質がとてもよく、シールを貼ってもまたはがせるしっかりとした素材。

でも60ページ以上あって、内容はとても豊富、楽しくて勉強にもなりそうで、でも難しすぎないので子どもが一人でもどんどん進められる内容です。

シールを元に戻してあげて、もう一度遊ばせてみようかなと思います!

タイトルとURLをコピーしました