子ども部屋の間仕切り、狭い部屋でも個室感を…。ハンガーラックタイプのパーテーションや、小さめベッドが使えそう!子ども部屋改造計画その4。

我が家の子ども部屋は、12畳弱ほどあるのですが、のちのち壁を入れて2部屋に仕切れるようになっています。

今のところはロールカーテンによる仕切りのみですが、 将来的には、やはり壁、もしくはそれに準ずるもの(パネルドアなど)を入れることになるんだろうなと思います。

でも、子どもが3人のため、さらにまだ仕切りたい…!でも壁を入れるのはもう間取り的広さ的にも無理。

そこで、これは使えそう…という商品を発見しました。

収納にもなっているパーテーション。

姉妹や兄弟など、同性どうしのきょうだいなら、部屋を共用としている家庭は多いと思います。

とはいえ、自分のパーソナルスペースが欲しくなる時期ってどうしてもあるんですよね…。

我が家は、周りを家に囲まれた小さな土地で、日当たりの関係などで個室をたくさん作ることが難しかったこともあり、長女と次女は、一つの部屋を共用してもらう予定だったのですが、やっぱりできるだけ分けた方がいいかなと。

そこでネットで探し回っていると、なかなかよさそうなものを発見しました。

ふつうのハンガーラックにも見えますが、裏側から見ると、一枚の板、壁のように見えます。

板のカラーは、ホワイトやブラウンなどもあり、しかもミラーのタイプもあって魅力的!

高さは188㎝もあるので、これを2、3個並べれば、かなり独立性が高まるのではと思います。

しかも、一つの部屋を仕切るとなると困るのが収納の足りなさ…ですが、これなら、ハンガーラックとしての収納も兼ねているので、とても賢いと思います。

似たような別の商品、ディノスで見つけた「パネル収納」だと、ハンガーラックではなく棚になっているタイプもあるし、キャスター付きではないタイプもあります(高さは181㎝)。

ちょっとゴチャっと見えてしまう可能性もあるとは思いますが、子ども部屋の仕切り&収納には、圧迫感も少なく、機能性もあってよさそうだなと。

しかも、仕切り位置を少しずらしたり、収納面をどちら側にも向けられるという柔軟性や、

仕切りが要らなくなった時は、壁に寄せて普通の収納としても使えるというのも魅力的です。

小さめサイズのベッド。

子ども部屋にある二段ベッドは、ばらばらにしても使えるようになっているのですが、枠と棚の部分があるため、けっこうかさばります…。

狭い部屋で横ならべにして使うと、かなり場所をとることになります…。

置けるには置けたとしても、移動の邪魔になってしまったり…。

そんな時は、「小さめベッド」が役に立ちそうです。

「ショートシングル」は普通のベッドよりも15センチほど短いベッドです。(普通のシングルは195×100くらい、ショートシングルだと180×100くらい)。

これから背が伸びそうな子や、特に男子には厳しいかもしれませんが、 小柄な女性や子どもであれば十分だと思われるサイズです。

「セミシングル」というサイズもあって、それはベッドの幅が狭くなってしまいますが、

「ショートシングル」の場合は、幅は普通のままなので、寝心地が悪くなることもなさそう。

シーツやベッドパットなどをそのサイズで買いなおす必要がある(しかもなかなか売ってない)のがちょっとネックではありますが、

狭い部屋で、二段ベッドではなく普通にベッドを置きたい場合は、とても便利だと思います!

子ども部屋のシュミレーション図。

我が家の子ども部屋のシュミレーション図です(カリモクの3Dシュミレーションを利用)。

左側の空間に、180センチ×97センチのベッドと、幅80センチのデスクが2個ずつ、その間に仕切りとしてパネル収納を置いています。とっても狭いは狭いのですが…。

ベッドがあと15センチ長いと、移動の時に邪魔だろうな…ドアにもギリギリになるだろうな…と想像できますよね(汗)。

ショートシングルのベッドならその心配も少ないので助かる…!さっそく購入してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました