注文住宅、こうしたらよかった、細かいところ色々まとめ。ロールスクリーンの下地、照明スイッチなど。

注文住宅について「後悔」「しまった」ということはいろいろと書いてきたのですが、

これから建てる方の参考になるように、細かい部分の「こうしたらよかった」と我が家が思うことを、簡単にまとめておこう…と思います。

天井などに入れる「下地」、もっと欲しかった。

コンセントに関しては、とにかくたくさん付けましょう!とよく言われていると思いますが、天井などに入れる、ロールスクリーンなど用の「下地」に関しても、できる限り色々な場所に入れた方がいいのではと思います。

我が家の場合、広めに作った子ども部屋に、間仕切り壁を入れられるように下地を入れてもらいましたが、それ以外にも下地を入れてもらえばよかった…という場所があります。

洗面所と脱衣所の間。→脱衣所にいる人と、洗面・トイレにいる人の目線を遮る。

寝室とWICの間。→寝室に入るにはWICも見えてしまう。

子ども部屋の仕切る場所を微妙にずらしたいので、もっとたくさん下地が欲しかった。

当時はあまり必要性を感じていなかったので、ロールスクリーンはもちろん、下地も入れてなかったのですが、少しでも可能性のある場所にはあとからでもスクリーンをつけられるように、下地をつけてもらえばよかったです。

照明のスイッチの場所、しまった。

玄関の照明・1F洗面所の照明のスイッチが、イマイチな場所にあり、失敗しました!

玄関の照明のスイッチは、上がり框のそばにあった方がいい…と思います。

我が家の上がり框のそばにあるスイッチは、土間収納の照明になっているのですが、玄関照明のスイッチと思い込んでついつい押してしまいます…。

また、門柱のスイッチも、土間に下りなくてもON,OFFができた方がよかったと思います。

そして寝室近くの洗面所(二階リビングなので、一階洗面所はサブ的存在)の照明は、洗面台に付いている丸いスイッチだけなのですが、これが夜中だと見えづらくてこまっています!しかも一階トイレの照明が、夜中に入るとまぶしすぎてちょっと後悔です。

他にも、寝室の照明を絞るためのスイッチを枕元にしかつけなかったので不便…といった、ケチったための後悔と、

二階リビングの調光・調色できる機能は無駄だった…という、贅沢したための後悔もあります(笑)。

収納関連の後悔。

子ども部屋の収納が欲しかった。枕棚が足りない。

各個室の収納はほぼ削り、ファミリークローゼットにしたのですが、やはり各個室にも造り付けの収納が欲しかった…。

さらに、布団を収納するスペース、特に「枕棚」が足りなかったです。

備蓄用の収納スペース、大型冷蔵庫を置く場所が欲しい。

今回の外出自粛のことがあって、普段からの備蓄が大事だな…と実感したのですが、備蓄のための余裕のあるスペースが欲しかった…と少し後悔です。もちろん、今ある収納をうまく使えば備蓄スペースに十分なると思いますが…。

折れ戸が使いづらい。

折れ戸は評判が悪く、観音開きが良い…と知っていたのにもかかわらず、二階リビングの収納のうち二つをなぜか折れ戸にしてしまいました!

一階廊下の収納も個室の収納も折れ戸…しまった!です。端の物が取り出しづらい、物が落ちるとまた拾いづらいなどのデメリットを感じています。

玄関回りのしまった。

・オープン外構なので仕方がない面もありますが、特にゴミが特にたまりやすい場所があります。

・オープン外構でもせめて死角になる場所が欲しかった…。

・外水栓が玄関から少しだけ遠くて不便。しかも高い位置から水が出るので跳ねやすい。下の方にももう一つ水栓を付ければよかったかも。

外にも灯りを付ければよかった。ソーラーではちょっとパワー不足。

・コンクリにしすぎて花壇が少なすぎた?砂利敷きをメーカーにお願いしたのに雑草が生えてくる…砂利が足りない?

・門柱に付ける、印刷された「表札」を頼むのを忘れていた。

二階リビングのための対策。→これはまた別記事でまとめたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました