「米びつ」を、5㎏の袋のまま入れられるものに変えて正解!

少し前まで、「米びつ」は、下にキャスターがついているプラスチックケースに、5kgの米袋から入れ替えて使っていました。

でもそれだと、米の入れ替えが微妙にストレスで…。

米の入れ替え、面倒…

しばらく前まで使っていた米びつは、横に長い直方体のような形で、下にキャスターがついていて、大きく口が開くプラスチック製の米びつ。

5kgの米がぴったり入るサイズで、しっかりと大きいのですが、それでも、米粒をこぼさないように気を付けながら入れ替えるのが、かなりストレスでした…。

夜寝る前に、お米をセットしとかなきゃ…と思って、米びつを開いてみると、米がなくなって、入れ替えをしないといけないときのブルーさ…。

少し手元が狂うと、簡単に米はこぼれてしまいます…。

袋のまま入れられる米びつ

そこで、ニトリで見つけた、5kgの袋をそのまま入れられる米びつに変えてみました!

縦長のプラスチックケースで、もちろんふたもあるので安心。

この米びつなら、5kgの米袋をそのまま上からすっぽりと入れることができます。

そして米袋の上部をばっさりとハサミで切り取れば、カップで米を測るときも図りやすいし、

タッパーに入れてから袋を開けるので、派手にこぼす心配もありません!

キッチン収納の中に入れておける

そしてキッチンの収納の引き出しの中に入れているので、引き出しを開けてふたを開ければぱっと米を計量できます。

もちろん米のカップは米袋の中に入れておけばOKなので迷子にもなりません。

米袋を持ち上げて、タッパーの中に入れるときだけ少し重いですが、ほぼ大変さを感じないので、本当に楽になりました…!

保存する場所に合わせて

もちろん、今まで使っていたタイプのプラスチックケースにもメリットがあって…それは「高さ」がないこと。

5kgの袋をそのまま入れられるタイプは、高さが高いので、夏場に冷蔵庫の中に米を補完したいときは、ちょっと厳しいです。

なので、今まで使っていた横長タイプのケースに米を入れ替えれば、冷蔵庫の野菜室とかに入れておけます。

そのため、前のケースもまだ捨てずにとっておいてあり、夏場に米を開けたときはそのケースに入れ替えて冷蔵庫にしまっておこうと思っています。

我が家は二階リビングで、キッチンも二階にあり、けっこう暑くなるので(汗)、夏場はやはり袋を開封後の米は冷蔵庫保管が安心ですし、味もそのほうがおいしさが保たれる気がしますしね。

もし次にこのタイプのケースを買うなら、「タワー」のケースもいいなあ…と思っています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました