マンションでの子育て、戸建てでの子育て。何か差があったか?

世帯数のとても多いマンション、そこまで多くないマンション、そして郊外の一戸建てと、様々な環境で子育てをしてきました。

集合住宅での子育てと一戸建てでの子育ては、やはり、少し違うなと思った点がありました。もちろん、子育ては周りとかかわることも大切なので、大前提としては同じなのですが…。

マンションは、周りに友達をたくさん作りやすい。

集合住宅なので、やはり、同じくらいの子どもたちがたくさんいます。世帯数が多ければ多いほど、同級生になる子もたくさんいます。

マンション内にキッズルームがあることも多く、そこで知り合いになり、さらに同じ年の子どものいる知り合いを紹介し合い…という形で、コミュニティが広がっていきます。

通う幼稚園や保育園も、ほとんど同じようなところが多くなります。幼稚園バスが来る場合は、毎朝同じお母さんたちと顔を合わせますね。世帯数が多いマンションほど、そのお母さんたちの数も多くなります。

知り合いがたくさんいるのは、一人だと不安な子育ての中では、とても心強いです。私も、たくさんのママ友に支えられ、子どもが幼い大変な時期を乗り越えました。

震災の時も、知り合いのお母さんたちがたくさんいたから、みんなで不安を共有しあい、しばらく一緒に過ごしたり励ましあったりしました。エレベーターが止まってしまい、高層階のお部屋までは子連れでは行きづらいので、ロビーや低層のお宅でしばらく過ごしたり。

部屋で一人で留守番をしている子がいると知っているママは、その子に声をかけに行っていました。インターホンを鳴らして、大丈夫?と声をかけるとその子は泣いてしまったそうです。一人では怖かっただろうけれど、近くに気にかけてくれる大人がいて、本当に心強かっただろうと思います。

同じ建物の中に、知り合いがたくさんいるのは、心強いことだなと実感しました。

人間関係には、要注意。マンションも一戸建ても。

しかし、注意しなければならないのが、やはり、ママ友との人間関係。たくさんのママや子どもが近くにいるからこそ、トラブルを生みやすいので、マナーや思いやりがお互いに大切です。

同じマンション内の子ども同士のトラブルで、ママ同士がもめてしまったのを見たことがあります。

幼稚園や学校からの帰り道も同じなので、毎日会わないわけにはいかない。一度仲がこじれると、なかなか大変です。

しかし、子ども同士のトラブルなんて、自分を振り返ってみても、当たり前にあるもの。ちょっと喧嘩しても、次の日には仲直りしてしまうことも多いです。

もちろん、深刻な事態になる前に対処しなければならない場合もありますが…。

それに、一戸建ての場合も、周りに同じくらいの子どもがたくさんいる場合は、マンションとなんら状況は変わりません。

また、周りにたくさんはいなくても、一、二軒だけ年齢の近い子どもの家がある場合も、気をつけないといけないことには変わりはありませんね。でも、人数の多いマンションよりは、トラブルになる可能性も低いとも感じます。

子ども同士、親同士、分かりあって支えあって、良好な関係を築いていきましょう…。

一戸建てはマンションよりも気楽。

転勤で大規模マンションから賃貸の小規模マンションに移り、子どもが新しい幼稚園に通うことになりました。

これまでの大量のママ友たちと離れ、寂しくなりましたが、新しいマンションで同じ幼稚園のママ友ができ、色々教えてもらい、助けられました。

しかし幼稚園バスの送りでも迎えでも、毎回顔を合わせます。一対一なので、話題に困ることもありました(笑)

さらに、そのマンションでは、子どもの足音がうるさいと、隣の部屋からクレームが来てしまい…。集合住宅で、わんぱくな子どもを育てることの大変さに、初めて直面しました。

次に我が家が選んだのは、建売の一戸建て。

幼稚園バスが、家の前まで来てくれてとても助かりました。※幼稚園バスのバス停が指定されて、何人かが集まって乗降する場合もあります。私の周りを見ると、小規模で人数の少ない園のほうが、一軒ずつ家を回ってくれています。

毎朝のママ友とのお付き合いがなくなり、寂しい反面、気楽になりました(笑)。

幼稚園での役員の仕事や参観で時々ママ友と会ったり、たまーにランチをしたりするくらいのお付き合いが、私にはちょうどよかったです。

逆に、転勤で地方に引っ越し、全く知り合いがおらず、気分が塞ぐ…という友人もいたので、どちらの環境がよいかは、人によるのだと思います。

一戸建てでも、騒音には要注意。

マンションより一戸建ての方が、「階下」への騒音に気を配らなくて済みます。

しかし、前後左右の家に、泣き声や叱り声、走り回る音は聞こえるので、あまり気を抜きすぎてはいけません。

特に、窓を開けているときは要注意です。家と家が近い場合はなおさら注意しましょう。

お互いの窓が空いていると、話している内容までしっかり筒抜けなので、気をつけないといけません!

我が家も、子どもの寝かしつけ中、窓を開けていたら、お隣の夫婦喧嘩の内容までしっかりと聞こえてしまったことがあり…でも、窓を閉めるわけにもいかないので、そっと別室に移動しました。

我が家もきっと、子どもの泣き声や叱り声も、前後左右どこかに聞こえていただろうと思います汗。ご迷惑をおかけしました…。

一戸建ての方が個室を与えやすい。

マンションは、個室の数が限られていることが多く、子どもに個室を与えることが難しい場合が多いですね。きょうだいが男女だと、途中で住み替えを考える家庭も少なくありません。

私の知り合いは、同じマンション内にもう一つ部屋を購入し、子どもたちに個室を与えていました。しかもそうした家族を二組も知っています。

我が家の注文住宅は、子供部屋を一つの広い部屋にし、将来は二つに分けられるようになっています。それも、広い子供部屋が作れたからこそです。

マンションの時の個室だと、広さは4.5畳から広くても6畳が一般的。それを二つの部屋に分けるのは難しいでしょう。

結局、子育ては一戸建てかマンションか。人によるが、私には一戸建てが合っているようです。

他にも、一戸建ての方が自由にペットを飼いやすいとか、楽器の練習もしやすい、家庭菜園かしやすいなど、情操教育にもよい面があります。

私には、子育てには一戸建てが合っているようなので、一戸建てを押すような結末になりましたが、誰にでも一戸建てでの子育てを勧めているわけではありません。

向き不向き、好き嫌い、住みたい地域、予算、家族の意向、実家との兼ね合い。色々な他の条件も大切なので、一戸建てでの子育てが絶対に良い!なんてことはありません。

子育てにおいて、マンションにも良いところがあり、一戸建てにも悪い面があります。例えば、階段があるために子どもが危険な面もある、近くに友達がいないと遊びにくいなど…。

私の体験談が、誰かの何かの参考になれば幸いです。

マンションと一戸建てを比較してみた他の記事も参考にどうぞ。


タイトルとURLをコピーしました