記事内に商品プロモーションを含む場合があります
間取り

「リビングに段差」がある間取りはやめたほうがよかった?実際に段差ありにして後悔・よかった両方の気持ちがある理由

リビングに段差をつけるのは、もともとは嫌いでした。

でも2018年に建てた家の間取りを考えるとき、広々としたリビングの一部に、アクセントとして、また「ゾーニング」という意味でも、一部に段差をつけることにしました。

その結果、よかったかなと思う気持ちと、ちょっと後悔…という気持ちの両方ががあります…。

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

もともと、リビングにある段差は嫌いだった理由

昔、まだ結婚したばかりのころに、賃貸マンションに住んでいて、間取りは2DK。

ダイニングキッチンと、リビングの間に、謎に一段の段差があって、よくつまづいたり怖い思いをしていました…。

たった一段の段差でしたが、物を運びながら移動しようとすると危なかったし、

ソファやダイニングのテーブルを置く場所も段差のせいで限られてしまったし、

子供が生まれてハイハイをし始めてからはなおさら段差が危なくて本当にストレスでした…。

しかも、不思議な段差のせいで、なぜかLDKが狭く見えるような気もしたし、何のために段差があるのだろう?とずっと疑問に思っていました。

間取り作成時、LDKには「段差なし」→「段差あり」になった経緯と理由

注文住宅の間取り、最初は段差「なし」

そんな経験もあって、LDKに段差を作るのは嫌だと思っていたのですが…

注文住宅を建てる際に、最初に提案してもらった間取りを見て、段差のないだだっぴろいLDKを想像して…なんとなく、つまらないかもと思ってしまいました。。

特に気になったのが、ちょっと角がナナメになっている畳スペース…これも私たちの希望をもとに作ってもらった間取りではあったのですが…なんとなくイメージをしても、おしゃれに見えない気がして。

和室でもない、畳スペースというよりも床の素材が違うだけ?ちょっと唐突に見える?

もう少し区切られた空間であったほうが、畳スペースの意味が際立つような気がしました。

段差をつけてみる…?と考えた理由

そこで考えたのが、嫌いだったはずの「段差」を、LDKの中につけるという発想。

「広々としたリビングにする」というのが一番の希望ではありましたが、

  • 注文住宅ならではの工夫をしてみたい
  • LDKを広くとりつつも、使う用途によって空間を分けたい、変化を加えたい
  • 1段の段差ではなく、2段であれば、うっかり踏み外すことも少なくなりそう、座るのにも便利そう
  • なんとなく「スキップフロア」おしゃれ気がして、憧れがあった
  • 子供もわりと段差を喜ぶ

このような理由から、2段の段差を付けた、2畳ほどの限られた段差のスペースを作り、そこをスタディコーナーにしようと考えました。

段差を付けてみて、よかった&後悔、両方の理由…

段差があってよかったと思うこと

実際に、2段の段差部分を作ってみて、入居してから早速、活躍したし、作ってよかったと思う気持ちのほうが上でした。

コーヒーを飲んだりスマホをいじったり、テレビを見たり、帰ってきて荷物を降ろして一息つく際などに、階段部分にちょっと座れる、というのが便利です。

床から上がったスペースなので、この段差部分にランドセルやバッグを置いても、あまり邪魔に思わず気になりにくいというメリットもありました。

床にかばんが転がっていたら、歩くときにけったりつまづいたりしそうですが、段差の上にあれば、定位置に置かれているという感覚に近くなるからだと思います。

段差があって後悔…という理由

ただし、2段の段差があると、やっぱりふとした時につまづくとか踏み外すなど、危ないというデメリットがあります。

そもそも段差にするための工事費もかかるし、老後などに使いづらくなる可能性があるし、いらなくなったときにも撤去が大変…といったデメリットもあるなと感じています。

ただし、畳コーナーは段差「なし」

ちなみに、畳コーナーは、2段の段差のスタディーコーナーの隣にあたる位置に設置しました。こちらはフラットで段差なしです。

「1段の段差のある畳コーナー」は、なんとなくイメージをしてもどうしてもおしゃれに思えなくて、だからといって唐突にフラットな畳コーナーがあるのもしっくりこなかったので、

スタディカウンターの横に設置したことで、唐突感がなくなったように思い、気に入っています。

さらに、前にはソファを置くことで、リビングとのゾーニングも何となくできています。

しかも、畳コーナーをもうちょっと広げたいなと思ったときは、ソファをずらせばいい!ということにも気が付いて、意外と便利だなと感じています。

畳コーナーに関しては、総合的には、「段差なし」にしてよかったかなと思っています。(もちろんデメリットもありますが)

error: Content is protected !!