リビングの掃き出し窓に内窓(インプラス)、とうとう付いた!!単板か複層ガラスか悩んだ結果。

リビングの掃き出し窓ふたつに、内窓(リクシルのインプラス)をとうとう付けました。

これまで数か月ほど、付けたいけれどどうしようかなと悩んでいたのですが…。

やっぱり、これから来る本格的な寒さに備える意味と、エアコンの使用量を減らしたいという思いもあり、とうとう設置することを決断しました。

複層ガラス?単板ガラス?

内窓を付けるかどうかで迷っていた一つの原因が、内窓を複層ガラスにするのか、単板ガラスにするのかという悩み。

おそらく、断熱性能や結露対策には複層ガラスの方がいいけれど、重たくなってしまって開け閉めがしづらくなったら困るということと、やっぱり単板ガラスに比べると高くなるということがネックで。

そこで、掃き出し窓ふたつのうち、ひとつには複層ガラスのインプラス、

もうひとつには単板ガラス(5㎜)を付けることにしてみました!

よく開け閉めをする、洗濯物を干す側の掃き出し窓を単板ガラスにして、その反対側は複層ガラスに。

それで、真冬の結露具合や、窓際でヒヤっと感じる度合を比べてみたいと思っています。

その後

真冬を一度過ごしてみて、どちらの窓も一度も結露を見つけたことはなく、

ヒヤっと感じる度合もあまりどちらも違わないような気がしました(笑)。やっぱり外気温が0℃前後の時は窓際はちょっと冷えますね。でもインプラス設置前よりは改善されている感じはありました。

見た目ほぼ変わらず。

もともと白のサッシなので、内窓のサッシも白を選択。おかげで、窓を付けたことも、言われないと分からないレベルかも(笑)。

しかも普段はレースカーテンが閉められているので、なおさら、見た目には全く影響がありません。

クレセント錠の部分がちょっと手前に出て来てしまいカーテンを閉めるとふくらんでしまうかなと心配しましたが、それも全く問題ナシでした。

実際、帰ってきた家族たちにも、「窓が二重になったよ」と教えないと、だーれも気が付きもしません(笑)。

開け閉め、問題ナシ。

クレセント錠も二重になりました。

内側のクレセント錠も、若干狭さはあるものの、私の手は問題なく入ります!

開け閉め時のすべりに関しては、外側のサッシの方がすべりがいい感じですが、内窓の方は若干ひっかかる感じ。でも、問題ないレベルだと思います。

複層と単板を比べると?

まだそこまで冷え込みが強くないので、結露もないし、どちらの窓際もほぼ変わらない感じで比較ができませんが、

開け閉めの時の重さに関しては、やはり複層ガラスの方が若干の重さを感じるかな?

でも、3㎜-3㎜(合計6㎜)と、5㎜の違いなので、実際はそんなに大きな違いはないのかも?

見た目も、ほとんど違いがないので、将来的に記憶が薄れてしまえば、どっちが単板だったか複層だったか、分からなくなりそうな気がします(笑)。

冷えの感じ方は?

最高気温12℃・雨で、ちょっと寒い日に取り付けをしましたが、やっぱり、取り付けをした後はあまり寒さを感じないような…。

そもそも南西向き二階リビングなので午後はあったかいのですが、これまで雨の日は午後もやっぱり寒いと感じる日もあったので、やっぱり効果はあるのかな?

とりあえず暖房なしで、外気温12℃の現在、室温は22℃ほどです。

朝の冷え方や、足元の底冷え感など、今後の効果に関してはまたレビューしていきたいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました