LIXILトイレ「ベーシアフチレスeco5」(YBC-BA10S-CJ)隙間の掃除の仕方、ふたのずらし方。

1階と2階にトイレがある我が家、どちらもシャワートイレですが、2階がリビング階なので、2階のトイレがいちばん高級なものになりました。

1階もシャワートイレなのですが、2階のものよりもよりシンプルなシャワートイレです。

【eco5とBA2Gの違い、比較】

①見た目の違い

1階のトイレ:「ベーシアフチレスeco5」

2階のトイレ:「LIXIL ベーシア シャワートイレ フチレス BA2G(YBC-BA20S-CJ)」

上と下のトイレ、写真を見て一目瞭然だと思いますが、同じリクシルのベーシアでも、見た目が全く違います。

1階のeco5は、シンプルでコンパクトなふつうのトイレという感じ。

2階のBA2Gは、曲線的で、ちょっと縦長に見えて、大きく感じます。座った感じも、BA2Gの方が少しゆったりして感じます。

②隙間のある・なし

1階のeco5の方は、トイレタンクとふたの間に微妙な隙間があります。

1階トイレは階段下に設置したので、天井の段々もちょっと気になりますが笑、そうではなくて便器の比較…

写真の赤い部分、よく見ると隙間があって、ホコリが入り込みます。

細い赤い線でかこった部分ですが、ここが微妙なサイズ感で、手がぎりぎり入らないのです。

ウェットティッシュで掃除をしようとしても、下まで届かず…途中で手が引っかかってしまいます。

【eco5のスキマ掃除の仕方。フタをずらす方法】

そこで、1年点検か2年点検のときに聞いたのですが、フタを簡単に前にずらせるので、そうすればスキマ掃除が楽ですよ、とのこと!

フタの右側側面を見ると、四角いレバーのようなものがあるので、それに指をかけて下からちょっと押します。

そのままフタを前にずらす感覚で引っ張ってみると、フタ全体が前へずれてくれます。

そうすると隙間が広がって、こんなに広々!笑。

これまで掃除ができず気になっていた部分は下の写真の〇の部分です。

こうなってくれればもう掃除もし放題!笑。ウェットティッシュでも簡単に掃除ができます。

戻すときはフタをぐっと奥の方へ押せばOKなので、そんなに大変な作業ではありません。

とはいえやっぱりちょっと面倒ですが、慣れればたいしたことはないです。

【後悔?デメリットは多い?】

1階のトイレとして選択したベーシアeco5ですが、標準のものよりも1.8万円ほどアップさせたものでした(残念ながら標準のものがシャワートイレではなかったので…)。

ちなみにリビング階のメインの2階のトイレBA2Gのほうは、2.7万円ほどアップさせたもの。

1階トイレはあまり使わないだろうと思ってこちらにしたのですが、やはり見た目のかっこよさとか、掃除のしやすさの面では2階トイレの方が上だなと思うし、

2階トイレの方がよく使うのでサイズ感などに慣れていて、時々1階トイレに入ると違和感があったりも。

両方同じものなら気にならなかっただろうなと少し思います。

でも機能的には問題ないし、大きな不満はありません。

が、次にもしリフォームする時がきたら、2階のと同じものに揃えたいかな…とは思っています。

error:Content is protected !!