注文住宅「窓」のしまった!その2。階段途中の窓…余計だった!?失敗?

注文住宅「窓」の失敗、その2。

前回は、一階の窓を引き違い窓ばかりにしたために、隣の音が聞こえやすい、シャッターを閉めっぱなしなので光も全く入れられないなどのお悩みを、ぐちぐちと綴りましたが…(笑)。

今回も、「音」問題に関連する、階段途中にある窓の後悔です。

 

階段を明るくしたくて…たくさんの窓。

玄関を入って左側の壁にも、窓をたくさん付けて、明るくしたいし、

換気もたくさんしたいし…と思っていました。

そこで、開け閉めできる、タテスベリ窓を3か所付けました。

普通のタテスベリ窓は、バーをクルクルと回して窓を開けるのですが、開けられないように「ロック」する機能もついています。

  

  

階段途中のタテスベリ窓…いらなかったかも…!

このタテスベリ窓は、階段の途中にあるので、操作のためのチェーンがぶら下がっています。

そこで少し困ったことがあって…

誰かが少しだけチェーンを操作して、窓が開いてしまっていることに、気が付かないことがある…ということ。

普段、ロックしている他のタテスベリ窓は安心です。もし窓が開いていたら、ロックのバーも手前に出る状態になるので、すぐに分かります。

でも、開いていることに気が付かないことが多い、この階段途中の窓…。

少しでも開いていると、リビングのうるさい音が漏れてしまう…!

子どもたちの大きな声、歌声、泣き声etc.が、お隣へきっと漏れてしまうだろうという心配が…!

お隣との距離は約1mしかありません。お互いに窓が開いていたらうるさい音はつつぬけでしょう…。窓が閉まっていたとしても心配なレベルの近さですよね。

気づいたときに焦って閉めるのですが、「よし閉めたからもう大丈夫」と思っていたら、また後日、ふと寝る前に確認すると、あれ、チェーンが動くぞ…え、少し開いていた!?と焦る…という…。

私が換気のために少し開けたのを、閉め忘れているのかもしれませんが。

チェーンは危ないし、子どもが面白がって触ってしまうのかもしれないし、ちょっと余計な窓だったかも…と思います。

 

階段の明かり取りには、最強の天窓がある!

この階段途中の窓がいらなかった理由のもう一つ。

階段が暗くならないようにと、階段上には天窓があるのです!

天窓があれば、階段は十分すぎるくらい明るいです。

だからこそ…階段途中の窓は余計だった!!いらなかったなあ…と、本当に思います。

とはいえ時々、換気のために使うので、あってもよかったのかなあ…。

本当に、注文住宅は難しい…。

これから注文住宅を建てる方には、

窓という窓、細かいところまでじっくりと一緒に考えてくれる注文住宅会社を、あきらめずに探すことをおすすめしたいです…!

タイトルとURLをコピーしました