水回りが近い・集中していてよかったところと、デメリット。キッチン、洗面所、トイレ、洗濯機、お風呂。

我が家は100平米ちょっとの二階建て、二階リビングで、二階の北側に水回りが集まっています。

一階にもトイレと洗面台があるので、完全に一か所に集まっているというわけではないのですが、メインでよく使う水回りに関しては、ここに集まっています。

「水回りが集中」のメリット

家事がしやすい。

キッチンのそばに洗濯機・洗面所があるので、起きてすぐに朝食やお弁当の準備をしながら、洗濯機を回したり、自分の身支度をしたりというのが、とてもスムーズです。

洗濯機が止まるタイミングも分かりやすく(笑)、脱水中の音が聞こえたら「もうすぐ終わるな」と気持ちの準備ができ、「ぴー」という終了の音も、聞き逃すことがほぼありません(笑)。

キッチンで衣類の染み抜きのために付け置き洗いをする時とか、脱水の途中でいったん止めてデリケートな服を出してから、もう一度他の服を脱水する時とか、何かと便利です。

そして水回りが集まっているので、掃除もしやすいです。ウタマロクリーナー一本を持って、風呂、トイレ、洗面台、キッチン、と一気に掃除することも。

水回りの近くにWICがあり、そこにダイソンを充電しながら保管しているので、気づいたときにサッと掃除ができます。

キッチンのタオルも、洗濯機やタオルをしまっているWICがすぐそばにあるので、忘れることなく頻繁に新しいタオルに交換できます。

洗面台が混んでいる時に…キッチンへ。

帰ってきてすぐの手洗いや、トイレ後の手洗いはもちろん洗面台がメイン。

でも、誰かが洗面台を使用中の時があり、そんな時はキッチンにもハンドソープを置いているので、そこで手を洗うこともあります。(さすがに歯磨きはしませんが)

衛生的に大丈夫…?と心配になるかもしれませんが、一人暮らしの1Kの部屋だったら普通のことだろうし、タオルを頻繁に交換するようにすれば大丈夫かな…。

トイレ・脱衣所・洗面所が寒くない

特に冬に思いますが、リビングのすぐ隣に廊下を挟まずにトイレ、洗面所、脱衣所があるので、暖房が届きやすくて暖かいです。夏も冷房が届いてくれます。

もちろんトイレはふだんは閉め切っているのでちょっと寒かったり暑かったりはありますが、不快なほどになることはありません。

また、洗面所・脱衣所が、トイレやWIC、お風呂への通路になっているので、スペースを節約できていると感じます。

もちろん広くはないので、時々家族とすれ違う時とかは、せま…と思いますが(笑)。

子どもがいる場合に便利。

小さい子どもは、ギリギリまで我慢してからやっとトイレに行く…ということも起きがちですが、リビングからトイレがすぐ近くなので助かっています。

LDKからお風呂が近いおかげで、キッチンで洗い物をしている時に、末っ子のお風呂の介助を同時にしたり、(浴槽に浸かる時だけ見守りに行く、シャンプーの仕上げ洗いをする等)。

今誰かがお風呂に入っていて、お風呂のドアが開くと「上がったな」というのが分かりやすいので、すぐ次の人が入る心の準備をする、というタイミングも分かりやすく(笑)、大家族にはそういう点もよいかもしれません。

「水回り集中」のデメリット

ドライヤーの音がうるさい時がある。

リビング・ダイニング・キッチンから、廊下をはさまず洗面台があるため、ドライヤーの音がリビングにもダイレクトに伝わり、テレビなどを見ている人が「うるさい」と感じる時があります。

やっぱり混みあう時がある。

朝起きて洗面台を使いたい時は、起きる時間が重なるとかなりの混雑…。歯みがきをしたい人とドライヤーをする人とお風呂に入りたい人が重なるとか…。

洗面所がもう少し広かったり、洗面ボウルが二つ横に並んでいたらもっとよかったなと思います。

また、トイレに入っている人がいると、洗面台などがすぐそばなので、音の問題もやっぱりあります。キッチンも近いのでなおさら、臭いや衛生状態には気を配らないといけません。

脱衣所は一応カーテンがあるので目線はさえぎれますが、誰かが脱ぎ着しているときは洗面台もちょっとだけ使いづらくなります。

メリットが大きい。

デメリットも多少はありますが、水回りが集中していることによるメリットの方が大きい気がしています。

水回りが離れていた頃よりも家事がスムーズにできているし、あまり「水回りを集中させたい」と思って間取りをこうしたわけではないのですが、偶然?結果的に家事のしやすい間取りになって良かったです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました